書評

【書評】 幕末志士の大誤解

こんにちは、マッツです。

 

今日は「幕末志士の大誤解」という本を書評していきます。

 

なぜこの本を買ったのかというと

普通に面白そうだったからですね(笑)

 

幕末志士といったら坂本龍馬であったり

西郷隆盛といった今の日本を作った人たちです。

 

その人たちの間違った歴史とかメッチャ気になったんですよね。

 

それに記事を書くときにも

自分とは違った人生を歩んだ人のことを知るというのは

新しい視点を見つけられるので

今までの自分では書けなかったようなことも書けたりするんです。

なので、かなり歴史の偉人とかの人生を知りことは大事ですね。

 

だから僕はこの本から

今の日本の基礎を作った人たちは

どんな人生を送ったのかを学ぶことにより

新たな視点から物事を見れるようになって

さらに面白いコンテンツを作れるようになるのが

この本を買った理由ですね。

 

では書評をしていきたいと思います。

 

1言で表すと

 

この本を1言で表すと

 

「学校で学んできた歴史は間違いは多すぎる」

 

つまり

 

「学校で学んだことは幕末志士がしてきたことの結果でしかなく、

その結果も間違って解釈してしまうことが多い。

本当の歴史を学ぶには歴史を作ってきた人たちの人生を知るべき。」

 

ということをこの本は言っているんです。

 

確かに、受験生の時に日本史について学んでいましたが

ストーリーがあるとはいえ、それはなぜ起こったのかを

話しているだけであってその考えに至ったことはわからないことが多いんですよね。

 

例えば、

坂本龍馬は薩長同盟という幕府を倒すうえで大事なことをしているし

それが世の平和のためとほとんど人は思っています。

 

ですが、彼は武器商人でもあったんです。

彼はライフル銃などを買ったり、幕府を襲う計画もしていたんですよね。

 

平和なんて1ミリも考えていません。

逆に戦いをしたがっています。

 

ではなぜ坂本龍馬をが平和を愛す人と多くの人が考えているのか。

それは「汗血千里駒(かんけつせんりのこま)」という本が原因でした。

 

この本は坂本龍馬の家を引き継いだ坂本南海男(さかもとなみお)を応援応援するためのもので

そこで坂本龍馬がすごい人というイメージがあれば

坂本南海男のイメージも上がるぞ。

と考えたので

武器商人で戦い大好きな人から

戦い嫌いで平和を愛す人に変わったんですよね。

 

それまでは歴史に残る偉人ですらなかった坂本龍馬であったのですが、

そんな考えを持ってやっていたのか!とこの本がきっかけで有名になり

現代までそのイメージは引き継がれたんです。

 

いやあ。歴史って怖いですね。

 

今ではみんながいい人だと思っている坂本龍馬が

実は戦い好きなただの武器商人だったなんて驚きです。

 

そこから、じゃあ坂本龍馬が薩長同盟を組んだ理由は

もしかしたら自分の武器を売るためにやったことなのかもしれない。

といった視点で見れるようにもなるんですよね。

 

また僕らの学ぶ歴史ってその時代の権力者が書くわけですから

自分のことがすごく書かれているものなんですよ。

 

だから学校で教えるような大きな歴史ではなく

権力者ではない誰かが書いた歴史を集めた本は

事実が書かれていて彼らの実は抜けているところや

失敗談なんかも話してあって面白いんですよね。

 

どんなに歴史を残す人であっても

失敗やイメージからは考えれないことをやっていることは多いです。

 

でもそれが彼らの歴史を作るうえで重要なことでもあるので、

歴史を学ぶのに作った人の考えを学ばないのは

また同じことを繰り返すだけです。

 

歴史を学んで同じことを繰り返さないようにしよう!

っていう先生がいますが、

よく結果だけ教えて、そこに至った経緯やその人の考えを教えないんですよね。

それを見ると本当に教育として大丈夫なのかなって思います。

 

今の日本が第二次世界大戦直後と何も変わってないのが

良い証拠です。

 

教育の根本がまだ変わってないんですよね。

今の日本教育の話はこの記事で話しています。

あわせて読みたい
高校生が日本の教育界に物申す。こんにちは、マッツです。 僕は今、高校生なんですが、 ビジネスを学んでからは 世界を見る視点が大きく変わったん...

 

だから、もっとこういった本を読んで

歴史を作った人たちの考えを学ぶのがいいんじゃないのかなと思いますね。

 

そうすると、今までとは違った視点を身に着けることもできますので、

結構歴史を学ぶと得るものが大きいかと思います。

 

まとめ

 

今回は「幕末志士の大誤解」という本を書評していきました。

 

僕自身が歴史に興味があるからかもしれませんが、

今まで習ったことがないものや

自分が勝手に持っていた偉人のイメージが変わったりするんで

かなり面白かったです。

 

13人もの幕末志士の話があるので

買う目的でもあった新しい視点も多く学べたので

値段以上のものは得られたかと思います。

 

これからはブログを書いている時などに

今までとは違った視点で書けるようにもなって

さらに読んでもらえるような面白い記事が書けるかと思いますね。

 

なので、歴史に興味がある人はもちろんですが、

ブログを書いている人も買ってみると

いつもとは違った視点で記事を書けるようになるので、

そういった人にもおすすめです。

 

僕もこれからこういった本や偉人などをどんどん調べて

さらにいろんな角度から物事をみれるようになり

もっと面白いコンテンツを作っていきます。

 

だからあなたもどんどん新たな視点を身に着けて

他の人では思いつかない視点で物事を見れるようになってきましょう!

購入はこちらから。

今回はこれで終わります。

ありがとうございました。

 

無料でAmazonの書籍が読めます。





こんにちは、マッツです!!


今回僕が17歳にして起業をし、どうやって初収益を上げたのか。

その物語がAmazonで販売されることになりました!!




それを記念して期間限定でその書籍を無料でお渡ししています。

僕の起業をするまでの葛藤や起業をしてからどのようにお金を稼いだのかを話しています。

たくさんの人から感想もいただいていて本当に嬉しい限りです。



感想でもありますが、

スラスラ読めてほんの数分で読み終わることができるので

ぜひ暇な人間にでも読んでみてください。



感想をくれた人には、特典があるのでぜひ感想もぜひ送ってください!

期間限定の無料書籍を受け取る    
 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です