コピーライティング

【書評】 現代広告の心理技術101 人に価値を感じてもらうには?

こんにちは、マッツです。

 

今回は「現代広告の心理技術101」を書評していきます。

 

この本を買った理由としては、

僕が心理学についての知識がなかったため買いました。

 

実際、教材で人間の心理を使って

商品を買ってもらったり、

お客さんにどうやったら自分のファンになってもらったりすることは

学んだんです。

 

しかし、

その他にも人間の心理を使ったことがあるわけですし、

知った知識が本当に使いきれているのか。を知る確認のためにも

この本を買いました。

 

なので、僕はこの本を読むことによって

ライティングの知識をさらにつけ、

より多くの人にその商品の価値をもっと感じてもらえるようなライティングの技術を身に着けたいと思ったんです。

 

ではさっそく書評をしていきます。

 

1言で言うと

 

この本を一言で言うと

「心理学を使わなければ商品を買ってもらうことはかなり難しい。」

 

つまり

 

「商品をより多く買ってもらうためには

セールスレターや広告で心理技術を使うことでしか難しい。

だが、この本で心理技術をしることにより

商品を買ってもらえる確率が何倍も上がるようになる。」

 

ということです。

 

人は最終的には感情で商品を買います。

 

なので、

お客さんにあなたの商品を買ってもらうためには

あなたがお客さんの感情を動かす必要があるんですよね。

 

そこで、心理技術を使って感情を動かすことで、

商品を買ってもらうんです。

 

 

どんな心理技術があるの?

 

 

例えば、

「人間はお得な商品をなるべく買いたい生き物なんです。

なので、あなたの商品に何かのクーポンをつけ、

お得感を出してあげることで

お客さんに商品を買ってもらいやすくさせます。」

 

というものがあります。

 

たしかに、

クーポンとかあったら買いたくなりますよね。

 

僕はあまり買い物をしないんですが、

母はチラシで特売と書かれているものがあると

いつもは行かないお店でも

特売の商品を買いに行ったりしているんです。

 

これもクーポンの力ですね。

 

少しでもお得なものを買うことによって

人よりもその商品を安く買い、

「そんな商品を見つけて買えるなんて私って賢い。」

って自分が他の人よりも賢いと思うんです。

 

それを狙ってスーパーとかは

タイムセールとかをやっていたりするんですよね。

 

僕も前にスポーツ店とかにテニスシューズを買いにいったら

ちょうどその日が閉店セールで

50%OFFに僕の買いたいものがなっていて

悩むことなくそのシューズを買ったのを覚えています。

 

それで次の日、友達に安く変えたことを自慢してましたね。

 

しっかり心理技術使われていますね。

 

他にも面白いのがあって

価格による心理技術というのがあります。

 

あなたは5000円のTシャツよりも

4980円のTシャツのほうが買いたくなりませんか?

 

ほとんどの人が4980のほうですよね。

 

これはたった20円ですが

価格を下げることによって安く感じてもらう心理技術です。

 

たしかに、5000円よりも4980円のほうが

なんかお得に感じますもんね。

 

これは誰だって思いつくかと思います。

 

では、この逆をするとどうなるのか。

 

普通は4980円で売るものをあえて

5000円で売るんですよね。

 

そうすることによって、

4980円で買うより商品に高級感を感じてもらうことができるんです。

そうすることで、

私は高級なものを持っていると思い

お金持ちの人は4980円で買うよりも満足してもらえるんです。

 

最初の価格を安くする心理技術はよく知られていると思うんですが

その次の価格を高くするのはあまり知られてないと思います。

 

価格を高くする手法は

ブランド商品を扱っているお店によく使われているものなので

GUCCIなどのブランド商品のお店に行った時に

値段を見てみて下さい。

 

商品の値段がキリのいい数字になっていると思います。

 

 

この本は悪いところないの?

 

この本の悪いところあえて挙げるというと

著者がアメリカの人ということで具体例がアメリカのものなんですよね。

 

なので、そこが分かりにくいので、

「なにそれ?」ってなることが結構ありました。

 

だけど、それは調べれば済むことだし、

正直わかんなくても関係ないですね。

 

あと、話し方がやはりアメリカ人ぽかったです。

 

日本人じゃあまり言わなそうだなって思うことも何回かありましたね。

そこが面白かったりしたので、かなり長かった本でしたが、

1日で読むことができましたね。

 

だけど、内容がかなりのボリュームですので

1回で終わりにせず、何回も読んで

自分で重要なものにはマークをつけたりして

しっかり自分のものにした方がいいですね。

 

まとめ

 

今回は「現代広告の心理技術101」という本を書評しました。

 

かなり詳しく人間の心理が書いてあって

今すぐにでも使えるものが多かったですね。

 

なので、実用的だと思います。

 

ブログを書いている人や

広告やセールスレターを作る人などの

人に読んでもらう文章を書く人は

買った方がいいと思います。

 

どうやったら人間は商品を買うのか。

商品を買いたくなる文章はどんなものなのか。

 

そういったものもわかるし、

最後にはお客さんの反応よくするための簡単な方法が書いてあります。

 

その内容は

具体的にこんな文を使うとお客さんが反応してくれるよ。

というものでこれもかなり実用的ですね。

 

値段は3980円と他の本よりも高いですが

値段以上の価値を感じられると思います。

 

なので、ぜひこの本を買ってみて下さい!

 

そして、お客さんに反応したくなる文章や

商品を買いたくなるセールスレターを書けるようになりましょう!

 

購入はこちらから。

今回はこれで終わります。

ありがとうございました。

 

無料でAmazonの書籍が読めます。





こんにちは、マッツです!!


今回僕が17歳にして起業をし、どうやって初収益を上げたのか。

その物語がAmazonで販売されることになりました!!




それを記念して期間限定でその書籍を無料でお渡ししています。

僕の起業をするまでの葛藤や起業をしてからどのようにお金を稼いだのかを話しています。

たくさんの人から感想もいただいていて本当に嬉しい限りです。



感想でもありますが、

スラスラ読めてほんの数分で読み終わることができるので

ぜひ暇な人間にでも読んでみてください。



感想をくれた人には、特典があるのでぜひ感想もぜひ送ってください!

期間限定の無料書籍を受け取る    
 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です