マーケティング

長く愛され続ける商品を作って収益を安定させるDRMとは?

こんにちは、マッツです。

 

今日は長く安定した商品を作る方法を

UNIQLOを例に出して

話していこうかと思います。

 

突然ですが、

あなたはどんな洋服ブランドが1番多く持っていますか?

 

僕は洋服にはそこまで気を使う方ではないので

僕が持っているブランドの中で

UNIQLOが1番多いですね。

 

だってUNIQLOって

安いし肌触りがいいじゃないですか。

 

だから何かと下着やパジャマなどで

意識はしていませんが

UNIQLO率が高くなってしまうんですよね。

 

迷ったらとりあえずUNIQLOのやつ買っとけば

後悔しないだろ。

 

みたいなイメージが僕の中にはあるんだと思います。

 

こうやって商品を買った人に

「あそこの商品を買って間違いはない」

と思ってもらうことができれば

商品が購入されるのが安定して

広告とかを打ちまくれば集客はできるので

売り上げを大きく上げることも可能なんです。

 

では、UNIQLOはどうやって

そんな商品を作っているのでしょうか。

 

お客さんの声を聞く

 

 

社長である柳井正(やないただし)さんは

「服を変え、常識を変え、世界を変えていく。

我々のビジネスはお客様のためにあり

社会を豊かにするのが目的です。」

と言っています。

 

そのためUNIQLOでは

お客さんの声をダイレクトに聞くため

お客さん同士がSNSを通じて商品のコメントを交換できるようにしているんです。

 

商品のどのようなとこがよく、

そして、どんなとこがあまりよくないかを分析して

お客さんの反応を見ながら

商品を作っています。

 

そのため長年愛される商品を作ることができるんです。

 

例えば、ヒートテックは

下着なので肌触りはどういったものがいいか。

サイズ感は。値段は。

そうやって色々なお客さんの反応を見て考え

作られているんだと思います。

 

これは洋服業界の話ですが、

洋服には流行りがあり

それを取り入れることが必要になって切るんです。

 

しかし、UNIQLOのように

流行りではなく毎年使えるような商品を作っていくことで

そのシーズンがすぎて在庫が余ったとしても

また次のシーズンにも売ることが可能なので

長く愛される商品にはそういった利点もあります。

 

話を戻しますね。

 

こうやってお客さんの反応を見ながら

商品を作ったり、改良したり、

その人に合った商品を売ることを

DRM(ダイレクト・レスポンス・マーケティング)と言います。

 

このDRMははっきり言って最強です。

 

お客さんの需要を見つけて

商品を売ることができるので

商品を買ってくれる確率が格段に上がります。

 

だって自分がほしくもない商品をずっと売ってくる人がいたら

メッチャうざくないですか?

 

それにお客さんで筋肉をつけないで痩せたい人がいて

その人に筋トレをしながら痩せるダイエットを提案したら

そんなダイエットしたくないですよね。

 

なので、お客さんの反応を見て

この人にはどういった悩みがあるのか。

そして、この人にはどういった商品があってるのか。

これを理解し、商品を売ることができるDRMは最強なんです。

 

このDRMは個人でビジネスをするのに

大企業に勝てる部分だと僕は思っています。

 

大企業だとお客さんの人数が多いので

売り上げは大きいですが、

その分一人一人のお客さんの声が聞きずらくなってくるんです。

 

なので、全員のほしい商品を作ることが難しいんですよね。

 

それに比べ、個人は

お客さん一人一人と会話をできるので

全員にあった商品を作ることが可能ですし

お客さんとの距離が短くなるので

自分でもわかっていないような欲求を見つけることもできます。

 

だから個人でも十分生活に困らない程度のお金を稼げるんです。

そこに自動化できる仕組みを組み合わせることで

1億以上のお金を稼ぐことも夢じゃなくなります。

 

僕もこのDRMをやっているんです。

 

その具体的な方法に関してはメルマガで話しているので

ぜひ読んでみて下さい。

 

まとめ

 

 

このDRMと仕組みを組み合わせてビジネスをやっている人は

本当に少ないですし、

知っている人ももちろんあまりいません。

 

今回はかなり内容が難しい話をして

1回ではわからないと思うので

ぜひ何回も読み返して

自分のものしちゃってください。

 

自分の持っている知識を増やしていって

どんどん自分の世界を広げていくと

本当に毎日が楽しくなっていきます。

 

ご飯を食べに行った時とかに

お店のアンケートを見たりすると

「お客さんの反応を見て

改善点とかを見つけようとしているんだろうな。」

みたいなことも考えられるようになるんです。

 

少しづつ知識をつけて

自分の知識を広げていきましょう!

 

今回はこれで終わります。

ありがとうございました。

無料でAmazonの書籍が読めます。





こんにちは、マッツです!!


今回僕が17歳にして起業をし、どうやって初収益を上げたのか。

その物語がAmazonで販売されることになりました!!




それを記念して期間限定でその書籍を無料でお渡ししています。

僕の起業をするまでの葛藤や起業をしてからどのようにお金を稼いだのかを話しています。

たくさんの人から感想もいただいていて本当に嬉しい限りです。



感想でもありますが、

スラスラ読めてほんの数分で読み終わることができるので

ぜひ暇な人間にでも読んでみてください。



感想をくれた人には、特典があるのでぜひ感想もぜひ送ってください!

期間限定の無料書籍を受け取る    
 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です