書評

【書評】世界経済全史 結局、何をすればいいんだろうか。

こんにちは、マッツです。

 

今日は「世界経済全史」という本の書評を書いていきます。

 

この本を買った理由としては

「そういえば俺ってこれまでマーケティングについては勉強してきたけど

経済史についてはしっかり勉強していないな」

と思ったのでこの本を買ったんです。

 

正直な感想は確かに経済史についての知識がつきましたが

優先順位としては低いかなと思いました。

 

この本を読まないとビジネスができない!

といえるかと言われるとそんなことはないでしょ。

って感じです。

なのでビジネスを勉強をしていく過程で

経済について知りたいと思ったらこの本を読むと

世界経済とは何か?かがわかるかと思います。

 

では書評していきます。

 

この本はどんな本なの?

 

この「世界経済全史」という本は

世界経済の51の転換点を中心に出すことで

世界経済の流れを分かりやすく見ていくものです。

 

なので、読み進めていく過程で

「これって何が言いたいんだっけ。」と思った時に

51の転換点がまとめのような感じになり

僕はかなり頭の中を整理しつつ

読むことができました。

 

本を読むときに重要なのは

「この本って何がいいたいの?」

と言われたとき、

簡単にその本について説明できるようにすることが重要なんです。

 

僕もそうだったんですが、

本を読み終わることが目的になってしまい

その本の内容を全く理解できていないことあります。

 

「本読んでる俺かっけ~」

「本読んだ~おしまい!」となるんじゃなくて

自分が本当にその本の内容を理解しているか確認する必要があるんです。

 

そうしないとただ単に本を読んだだけになり

その本を読んだ時間が無駄になってしまうので

本を読んだ後に目次をみて

ここはこんなことを言っていたと説明できるか確認してみて下さい。

 

もし説明できるならその本の内容は

自分のものにしっかりとなっているという証拠です。

 

話を戻しますね。

 

この本の51個の転換点を使いながら

経済全史を見ていくことでこれからの世界で何が起こるかがわかると

著者は言っています。

 

確かに時代によって儲かるビジネスが変わってくるので

その流れである世界経済史を理解したら

これからどんなビジネスが儲かるのかがわかってくるんです。

 

例えば、1781年にワットが蒸気機関(じょうききかん)の改良に成功したことで

地球規模での鉄道の使える範囲が多くなっていきました。

 

このことにより

新しい場所を人の使える場所にすることのできる

建築や土木のようなビジネスが儲かるようになったんです。

 

その他にも多くの鉄道が通る場所(今の日本でいう東京)は

たくさんの場所に行くことができて便利なので

土地の値段が高くなり

元々土地を持っていた人は

多くのお金を稼ぐことができるようになりました。

 

 

このように鉄道ができたことで

前は儲からなかったビジネスが儲かるようになりましたし、

新しいビジネスが儲かるようになったんです。

 

なので、この本を読めばどんなことが起きたら

どんなビジネスが儲かるようになるのかわかるようになるかと思います。

 

では今であればどんなビジネスが儲かるのでしょうか。

それをここから話していきます。

 

今は○○を使ったビジネスが儲かる

 

今儲かるビジネスは何かと聞かれたら

「インターネットを使ったビジネス」

と僕であったら答えます。

 

これからはさらにAIが発達してくるので

前よりもさらにインターネットを使うことが多くなるかと思います。

 

自動運転できる自動車を作るテスラという会社は

自動車にイスをつける作業などを機械に任せ自動化しているんです。

 

このようにAIが発達していけば

たくさんのものが自動化していきます。

 

僕が情報発信の1つとしてやっているツイッターも

ツイートをあらかじめ書いておくことで

決めた時間になったら勝手にツイートしてくれるんです。

 

これにより僕はいちいちツイートをしなくてよくなり

自分の時間が増えて

たくさんの作業ができるようになります。

 

このようにいろんなことを自動化できるようになると

自分のやれることが増えていくので

どんどん成長できるようになるんです。

 

なので、あなたがビジネスをする時に

何が自動化できるかを考えることが

自分のやれることを増やし

自分の成長につながっていくので

覚えておいて損はないかと思います。

 

そしてその現代において自動化ができるインターネットを使ったビジネスは

個人でも多くのお金を稼げるようになったんです。

前ではありえないような月に100万以上をしっかりと勉強すれば

誰でも稼ぐことが可能になりました。

 

それは自動化により普通は何人も人を雇ってやることをやらなくて済むようになったからです。

だから自動化のできるインターネットを使ったビジネスは

現代で1番儲かるビジネスだと僕は思います。

 

まとめ

 

今回は「世界経済全史」という本の書評を書いていきました。

 

この本は世界の経済を理解し

これからのビジネスがどのようになるかがわかる本だと思います。

 

ですが、最初にも話した通り

優先順位的には低いかと思うので

世界経済について学んでみたいなと

思った方は読んだらかなり勉強になると思いました。

 

これまでの世界の経済について

詳しく書いてあったので

僕はこの本1つで結構満足ですね。

 

あわせて読みたい
【書評】 世界史の真相は通貨で読み解けるこんにちは、マッツです。 今日は「世界史の真相は通貨で読み解く解ける」という本を書評していこうと思います。 ...

こっちの本はお金の視点から見ていて面白かったですが、

個人的には「世界経済全史」だけでも十分わかるかと思いました。

 

なので、この本を読めば十分、世界の経済の知識はつくと思うので

そのようなことについて興味がある人はぜひ読んでみて下さい。

購入はこちらから。


今回はこれで終わります。

ありがとうございました。

無料でAmazonの書籍が読めます。





こんにちは、マッツです!!


今回僕が17歳にして起業をし、どうやって初収益を上げたのか。

その物語がAmazonで販売されることになりました!!




それを記念して期間限定でその書籍を無料でお渡ししています。

僕の起業をするまでの葛藤や起業をしてからどのようにお金を稼いだのかを話しています。

たくさんの人から感想もいただいていて本当に嬉しい限りです。



感想でもありますが、

スラスラ読めてほんの数分で読み終わることができるので

ぜひ暇な人間にでも読んでみてください。



感想をくれた人には、特典があるのでぜひ感想もぜひ送ってください!

期間限定の無料書籍を受け取る    
 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です