偉人紹介

 起業する前に気を付けることとは!?

こんにちは、マッツです。

 

今日は昨日書いた「ピーター・ティール」という本の書評の続きで

他にもためになることを言っていたので

そこを話していこうかと思います。

 

なのでまずは

あわせて読みたい
【書評】ピーター・ティール 市場をずらすとは!?こんにちは、マッツです。 先日、「イーロンマスクの世紀」という本を読んだんですが、 その中でピーター・ティールという...

こちらを読んでからのほうがいいかと思います。

 

では書評の続きです。

 

ピーター・ティールは

起業には10のルールがるとこの本では言っていました。

 

それをここからは僕が大事だと思ったものをピックアップして

話していきます。

 

1、君は自分の人生の起業家である

 

これはあなたには人生を決める選択肢があり

最後に自分の行動を決めるのは自分だということです。

 

何を当たり前なことを言ってんだ。

と思った方もいるのではないでしょうが

これは大事な考えです。

 

自分の尊敬する人のいうことを全て信じて

自分では何も考えないで

その人に全てのことを任せてしまっては

最初は確実に成功している人のいうことを聞いていれば

正しい努力ができるので成長できます。

 

しかし、僕もそうだったんですが、

だんだん師匠の言うこと以外をしなくなっていってしまったんです。

 

つまりいつのまにか師匠に依存してしまっていました。

 

この依存は危険です。

つまり僕は師匠がいなくなってしまった時

何もできなくなってしまう可能性があるんです。

 

なので、他人の意見に依存せず

自分で考え今の自分に必要なことを見つけられるようになるのが

徐々に必要になってくるので

最初は自分の師匠やメンターのいうことを聞き

自分の力をつけていって

そこからは自分で考えて行くことを忘れないで

自分の優先順位を理解していくことが大事なってきます。

 

僕のように依存しないで

ある程度の距離感をもって学ぶことが大事です。

 

2、一つのことを他人が寄せ付けないほどうまくやろう

 

1カ月一つの分野について勉強をすると

かなり知識がつきます。

 

僕も受験生の時、

勉強法についてかなり勉強しましたが

それで記憶の定着の仕方や眠くなることなど

勉強をするために必要な知識は結構つきました。

 

そして1つのことについて

他の人よりも詳しくなると

専門家の人には敵いませんが

知らない人からしたらその人の知識は魅力的見えるものです。

 

その知識をオファーをする時に相手の自分と会うメリットとして提示することで

高確率でたくさんの違う業界で有名な人とも会えることが可能になります。

 

1つのことを極めることで

そのことが仕事にもなり、もし他に競争相手が少ないなら

そこの市場を独占できることも可能です。

 

だから1つのことを極めるのは

ビジネスでは大事なってくるんですよね。

 

僕もマーケティングを極めることで

法人や個人のコンサルなどをしていきます。

 

マーケティングは学んでいる人は確かにいますが

学んでいる人より知らない人のほうが圧倒的多いので

需要が高いです。

なのでなるべく需要が高く学んでいる人が少ないのを学ぶのが

重要ですね。

 

3、君の人生と会社に、自分と結びつきのある人を配置しよう。互いに補える相手と組もう

 

ネットビジネスなどをしていると

家から一歩も出ないで売り上げを出すことも可能です。

 

だってパソコンさえあれば仕組みを作れて

それが勝手にお金を稼いでくれるんですから。

 

しかし、それでは新しい発見がありません。

 

なので、外に出て気の合うビジネスの仲間と話したりすることで

お互いに情報交換するのが必要なんですよね。

 

僕も実際に人と会うと

みなさん僕の知らないような知識があって

とても面白いです。

 

家にいるだけでは

手に入る情報が限られてきますが

人と会うと自分が調べなさそうなことも知っているので

かなりの収穫があります。

 

ビジネスでは

周りの人のレベルを上げることが

自分のレベルを上げることにつながるんです。

 

ビジネスで成功している人は

当たり前の基準が違うので

会って話すだけでも

自分の今までの常識が壊されていきます。

 

なので、付き合う人のレベルが上げることで

自分の稼げる金額が変わっていくんですよね。

 

5、過去に執着するな。なぜ失敗したのかをすぐに分析し、後は前を見て方向を修正していこう。

 

 

これが今回で1番大事なのかと思います。

 

僕は前まで自分の作った目標を達成できなかった時

自分をせめて次の日の作業ができないことがありました。

 

僕はできることのぎりぎりをずっと目標にし

それを達成することが最も大事だと思っていたんです。

 

しかし、本当に大事なのは

その目標を達成できなかったときに

なぜそれができなかったのかを分析することがなんですよね。

 

どうしてそれができなかったのか。

それを分析しすぐに反省をして

次の自分の目標を立てるんです。

 

そしてまたその目標が達成できなかったら

すぐに分析をしてまた目標を立てる。

この繰り返しをします。

 

そうすることで、毎日のやることの改善点が見つかって

目標を達成するのが1番いいですが

目標は達成できなくてもいいものだと思えて

自分を責めることがなくなっていくんです。

 

この自分を責めることをなくすのは自分の作業効率に関係してくるので

マジで重要です。

 

先ほども言ったように

僕は目標が達成できない自分のことを責め

次の日の作業効率を大きく悪くしてました。

 

だけど、目標が達成できなくても

改善してまた新しい目標を作ろうと思うようにしてからは

作業効率が上がったので

目標を達成できなくても自分を責める必要はないですよ。

 

そこからまた新しい目標を見つけて

どんどん改善していくことで

自分が大きく成長できるんです。

 

なので、目標を作る⇒失敗⇒改善⇒目標を作るを繰り返して

徐々に自分を成長させていきましょう!

 

まとめ

 

今回は「ピーター・ティール」の本を書評していきました。

 

今回の記事で話したことは

ビジネスをするのには必要な考え方なので

覚えておいて損はないかと。

 

それと僕が個人的にに重要だと思ったことを

この記事では話していきましたが、

その他のことが気になる方は

ぜひこの本を買って読んでみて下さい。

 

自分の考えを変えてくれるものが

書いてあると思います。

 

僕も今回の記事で

改めて自分を見つめなおすことができたので

かなり良かったです。

 

また明日からも頑張っていこうと思います!

購入はこちらから。

 

では、今回はこれで終わります。

ありがとうございました。

 

無料でAmazonの書籍が読めます。





こんにちは、マッツです!!


今回僕が17歳にして起業をし、どうやって初収益を上げたのか。

その物語がAmazonで販売されることになりました!!




それを記念して期間限定でその書籍を無料でお渡ししています。

僕の起業をするまでの葛藤や起業をしてからどのようにお金を稼いだのかを話しています。

たくさんの人から感想もいただいていて本当に嬉しい限りです。



感想でもありますが、

スラスラ読めてほんの数分で読み終わることができるので

ぜひ暇な人間にでも読んでみてください。



感想をくれた人には、特典があるのでぜひ感想もぜひ送ってください!

期間限定の無料書籍を受け取る    
 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です