マーケティング

小林一茶から学ぶマーケティングで重要なFAB

こんにちは、マッツです。

 

今回は小林一茶という江戸時代の頃に活躍をした俳人がマーケティングにもつながることを言っていたので、

小林一茶を紹介しつつマーケティングについて話していこうと思います。

 

僕は小林一茶を詳しく知る前は俳諧の天才で人生を楽しんでいたんだろうな。

と思っていたんですが、

彼は決して人生を楽しいと思えるようなものではなかったです。

 

詳しくはWikipediaなどで知りたい方は調べてほしいのですが、

軽く説明しますと

 

幼い頃に母を亡くし15歳のころに1人で江戸に行き、

働いていたら俳諧に出会い、芽を出すが父の遺産争いになり、

遺産争いが終わって4人の子と妻を持つが5人とも死んでしまい、

再婚するもすぐに別れ、3度目の結婚をするが家が焼け、持病にて死亡。

 

これが小林一茶が歩んだ人生です。

 

どこに人生を楽しむ余裕があったでしょうか。

僕には想像もできないほどつらい人生だったと思います。

 

そんな辛い思いをしてきた小林一茶が残した言葉があります。

 

「金がないから何もできないといってる人は金があっても何もできない。」

 

1人で江戸に行き、何ももってないところから俳諧で歴史に名を残した小林一茶だから言える言葉です。

 

大学受験あるからマーケティングの勉強できないよ。って言ってた前の僕に聞かせてやりたいです。

 

この言葉は結果を残す人にとってとても大事な考えなんですが、

今回はその考えを持たないお客さんにどうやって商品を買ってもらうの?

っていうところを今から話していきます

 

結論を先に言うと、

お金がない人は別ですが、お金がある人に商品を買ってもらうにはその商品の魅力を伝えればいいんです。

 

そこで重要なのが

FAB

というものです。

 

どういったものか説明しますと

 

F・・・Feature(特徴)

その商品の機能です。

例、この教材は3時間です!

PDF300ページです!

これがその商品の特徴です。

 

A・・・Adovantage(利点)

その商品の機能を使って何ができるのか。

例、これの動画を見れば英語の発音が良くなります!

これを読めば英単語を早く読めるようになります!

これが利点です。

 

B・・・Benefit(利益)

その商品が使ったり学んだりしたらどんな未来が待ってるのか。

例、発音が良くなれば英会話ができるようになりますよ。

英単語覚えたら英語長文が読めるようになりますよ。

これが利益です。

 

この3つを提示すると商品を買えるだけのお金がある人であったら

格段に買ってくれるようになります。

 

顧客というのはその商品を買ったらなにができるようになるかはっきりとわかっていないので、

この商品を買ったら何が得られるのかをイメージさせるのが重要です。

なのでBenefitを提示するのが最も大事ですね。

 

例えば、勉強が全くできない受験生に対して、

「これをみれば勉強法全て分かって勉強の効率が上がり、大学受験に受かります。」

と言ったらその教材は売れると思いませんかね。

 

こんな風に未来の提示をするのが大事なんです。

あなたがこの商品を使えばあの目標が達成できるんですという感じで訴えかけていくんです。

 

セールスレターがうまくなる方法ですが、

どれが

featureで、advantageで、benefitなのか

これをセールスレターを読むときに気をつけながら読んで見て下さい。

 

売れてない商品とかはbenefitの部分が提示してないのが結構あります。

 

お客さんがこれを買っても何を得られるのかイメージできてないんです。

 

これって自分を紹介する時やオファーする時にも使えて、

自分の良さだけを言うのではなく

自分は何を与えられてそれで最終的にどうなるのかを提示するとかなり信頼が強くなります。

 

なので、就職の時や自分が誰かにどうしても会いたい時に特にみんなができないBenefitを提示することで、

成功する確率が上がるのでやってみて下さい!

 

 

今回はこれで終わります。

 

 

無料でAmazonの書籍が読めます。





こんにちは、マッツです!!


今回僕が17歳にして起業をし、どうやって初収益を上げたのか。

その物語がAmazonで販売されることになりました!!




それを記念して期間限定でその書籍を無料でお渡ししています。

僕の起業をするまでの葛藤や起業をしてからどのようにお金を稼いだのかを話しています。

たくさんの人から感想もいただいていて本当に嬉しい限りです。



感想でもありますが、

スラスラ読めてほんの数分で読み終わることができるので

ぜひ暇な人間にでも読んでみてください。



感想をくれた人には、特典があるのでぜひ感想もぜひ送ってください!

期間限定の無料書籍を受け取る    
 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です