マーケティング

お客さんをファンにするには○○になってもらえばいい!?

こんにちはマッツです。

 

今日はファンについて話していきます。

 

ファンというのはビジネスをする時に大事な存在です。

自分たちの売り上げを支えてくれますし

商品を作った時に最初に買ってくれるので

商品を売る時のだいたいの売り上げを計算することもできます。

 

そしてそのファンを作る方法として

この前書評を書いた革命のファンファーレで面白い方法が書いてあったので

それを今から話していきたいと思います。

革命のファンファーレの書評はこちらから

あわせて読みたい
【書評】革命のファンファーレ お金の正体を知ればお金を稼げるこんにちは、マッツです。 今日は「革命のファンファーレ」という本の書評を書いていきます。 革命のファンファー...

 

お客さんを作る側に回せばファンになる

 

革命のファンファーレの中で西野さんは

えんとつ町のプペルという彼の代表作を作る際に

クラウドファンディングをして

約6000万を集めたといっています。

 

クラウドファンディングとは

何か事業を始めたりするときに

支援を求める行為のことです。

 

ですがここで重要なのは

お金を無料で集められたことではありません。

 

重要なのはクラウドファンディングで

支援してもらった人に「私たちも一緒に本を作っている」という感覚を持ってもらうことです。

 

僕たちのお金があったからこの絵本は作ることができたんだ。

そう思ってもらうことができれば

自分も一緒にこの絵本を作った気持ちになり

その絵本を手に取って買ってみたくなります。

 

それを西野さんは利用しました。

 

1000円以上で商品Aをあげます。

2000円以上で商品Bをあげます。

そういった感じでクラウドファンディングをしてくれた人に商品をあげることで

お金を支援しやすくし

一緒に作る人をどんどん増やしていったんです。

 

そしてその支援者の数はなんと約1万人にも上ります。

 

つまり1万人もの一緒の制作者がいるので

確実に1万冊以上は売れることが決まっているんです。

 

そうやって西野さんは

お客さんを本が出るのを待つ側から

本を作る側にしました。

 

そして作る側に回った人は

はやく本は出ないかと楽しみにするようになるので

その時点でファンが1万人いるのと変わらなくなります。

 

それとそこでファンになった人は西野さんについて調べ

西野さんのオンラインサロンがあることを知り

月に1000円払って

さらに自分たちができる仕事はないかと考えるようになって

濃いファンになっていきます。

 

オンラインサロンは西野さんの仕事を手伝ったり西野さんのアイディアを知ることができるなど

西野さんとの距離も近くなるので

ファンの方からしたら月に1000円を払っても入りたいんです。

 

このようにクラウドファンディングでできたファンをうまく濃いファンにし

自分のもとから離れないように西野さんはやっているんです。

 

さらに西野さんはこのクラウドファンディングを作った本の出版サービスを立ち上げました。

誰でも作家になれる「おとぎ出版」

 

その西野さんが作ったサービスは

「おとぎ出版」というものです。

 

このサービスは本は出したいけど

大手の出版社は1000~1万冊売れる確証がないと本を出すことができないから自分には無理。

そういった悩みを持つ個人に向けたサービスになります。

 

具体的には

まずクラウドファンディングをしてお金を集めますが

先ほども言ったようにここで重要なのは

お金を出してもらう人の数です。

 

そしてお金を出してもらう人が100人を超えたら100冊は売れるので

そこで本を出します。

 

さらに本を出したいなら

そこでの結果をもとに

大手の出版社にいくんです。

 

要するにこの「おとぎ出版」は大手の出版社と個人をつなげるサービスです。

 

これはクラウドファンディングでお客さんを作る側にすることで

ある程度の売れる本の数が計算できるから成り立ちます。

 

なのでこの作る側に回ってもらうということができれば

本を楽しみにしてくれるファンになってくれるんです。

 

例えば僕がこの作る側にお客さんを回すなら

メルマガでリスト化したお客さんにどういった悩みがあるのかを聞き

その悩みを解決する商品を作ってしまうという方法をとります。

 

そうすることでお客さんは

「私の意見がこの商品を作るきっかけになった。」

と思ってもらえるので作る側に回るんです。

 

それと自分のために作ってくれた商品は

自分とそのお客さんとの距離が近くなり

濃いファンになってもらいやすくなります。

 

なのであなたがファンを作る際は

商品を一緒に作っているとお客さんに思ってもらえるようにすると

ファンになってもらいやすくなるので

参考にしてみて下さい!

 

 

では。今回はこれで終わります。

ありがとうございました。

無料でAmazonの書籍が読めます。





こんにちは、マッツです!!


今回僕が17歳にして起業をし、どうやって初収益を上げたのか。

その物語がAmazonで販売されることになりました!!




それを記念して期間限定でその書籍を無料でお渡ししています。

僕の起業をするまでの葛藤や起業をしてからどのようにお金を稼いだのかを話しています。

たくさんの人から感想もいただいていて本当に嬉しい限りです。



感想でもありますが、

スラスラ読めてほんの数分で読み終わることができるので

ぜひ暇な人間にでも読んでみてください。



感想をくれた人には、特典があるのでぜひ感想もぜひ送ってください!

期間限定の無料書籍を受け取る    
 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です