偉人紹介

偉人紹介 根津嘉一郎

こんにちは、マッツです。

 

今日は根津嘉一郎という

今の東武鉄道や南海鉄道などの日本にとってかかせない電車の会社を作り

日本の鉄道王とも呼ばれている男を

紹介していきたいと思います。

 

また、現在では東武グループと言って

東武鉄道の他89個もの会社をもち

1兆114億円の売り上げを出す日本を代表をするグループを

作った人でもあるんですよね。

実は、

東京スカイツリーはこのグループが作ったものなんです。

 

 

そんな大きなグループになるものをどうやって彼は

作っていったのかを

ここから根津嘉一郎の人生に沿って話していこうと思います。

 

投資家からの始まり

 

根津嘉一郎は最初から実業家といって会社を立てて

その会社の売り上げをあげるといった仕事はしていなかったんです。

 

根津嘉一郎は最初に地元での役所で書記をやり

その次に村のルールなどを決める議員になったんですよね。

 

そこから東京に来てやり始めた仕事が

投資家でした。

ここから根津嘉一郎の実業家への道が始まったんです。

 

投資家っていうのは自分で情報を集め

どこの会社がこれから儲かっていくかを予想して

予想した会社の株を買い、高くなったところで売るということで

お金を稼いでいるんですよね。

 

だから情報を知れるかが大事になってくるんです。

 

それに僕は株などの投資をするというのことは

資産を増やすためのものだと考えています。

 

なので、資産がない人が始めていても

それはただの賭け事でしかないと思うんです。

 

例えば、資産が1万円の人が2倍にしても2万円ですが、

1億持っている人が2倍にしたら2億になるんですよね。

 

なので、資産がない人が

投資をやってお金を稼ごうと思っても効率的ではないのです。

 

それならマーケティング学んで

自分の好きなことをマネタイズ(何かをお金に変える)する力を

鍛えた方がいいと思いますね。

 

話を戻します。

 

根津嘉一郎は投資家になる前にやった仕事で

資産を作ってから人が多く地元より情報の集まりやすい東京に行ったんですよね。

 

そして、東京で情報を集めながら

投資家として資産を増やしていったんです。

 

今の時代はインターネットがあるので、

情報はいくらでも知ろうと思えば知れてるんですよね。

 

ホリエモンという今の日本でかなりトップの実業家の方がいるんですが

その人のユーチューブとか見てたりすると

スマホをずっといじってることが多いんです。

 

これってずっと最新の情報をインプットしているんだと思います。

 

そうすることにより、

彼は常に新しい情報を手に入れ

情報であふれかえっている現代で

情報強者として生きていられるんです。

 

そこから知った情報と経験をもとにホリエモンは

自分で上がると思う会社の株とかを買って儲けているんですよね。

 

なので、現代において

情報というのは僕たちに想像できないほどの価値を持っているんです。

 

だから、僕はもっと自己投資をし

本などから情報を得て

情報強者としてこの現代で勝ち抜いていこうと思います。

 

知識と経験からの成功

 

根津嘉一郎は投資家として東京で過ごしてましたが、

実業家に興味を持つようになり

友人からその実業のやり方を学びます。

 

そして、彼は

倒産寸前であった東武鉄道という電車の会社を

初めて買い取ったんです。

 

そこから彼は社長になり

なんとその会社を立て直したんですよね。

 

これってかなりのマーケティングの知識がないとダメですし

実業家の人が初めてやることではないです。

 

しかし、彼は投資家として今までの経験を使ったのかと思います。

 

投資家としてこれまであらゆる会社を見てきて

どのような戦略を立てたら会社が儲かるのかが

なんとなくわかっていたんじゃないでしょうか。

 

そこにマーケティングの知識などを使うことで

会社を立て直すことができたのかと思いますね。

 

その後にも日本の電車の会社の立て直しを手伝ったりして、

最終的には24社の社長や役員になりました。

 

タダ同然の値段で買い取りその会社を立て直しまくったことから

根津嘉一郎は「ボロ買い一郎」と言われていたそうです。

 

いやあ。かっこいいっすね。

 

倒産寸前の会社を買い取って立て直すなんて

僕も20代のうちにはやりたいですね。

 

もちろんそのためには根津嘉一郎のように

経験というものが必要になってくると思います。

 

だから僕はこれから色んな事に挑戦しまくって

誰もしたことないような経験をしていきますね。

 

そして、彼のようにマーケティングの知識を活かして

倒産寸前の会社を何個も立て直すことができる経営者になろうと思います。

 

なので、あなたも挑戦をしまくって

誰にも負けないような体験をたくさんしていきましょう!

 

まとめ

 

今回は根津嘉一郎という日本の鉄道王と言われる男を

紹介していきました。

 

彼は東武グループという大きな会社を作り上げましたが、

それには東京に来て情報をより多く手に入れ

投資家として活動する経験があったからだったんですよね。

 

そこにはネットには載っていない辛い経験が多くあったと思います。

1人で東京に来ることでも怖いのに資産があるとはいえ

投資家として生きていくのはかなり大きな選択だったと思うんです。

 

だけど、

根津嘉一郎はそこで恐れずに成功するという確信をもって

投資やマーケティングなどを学んでいったから

最後には東武グループといった日本を代表する会社作れたんですよね。

 

スポーツやビジネスでもそうですが、

今やっていることが成功するためのことだと

自信が持てないと何をするのにも

中途半端になってします。

 

特にネットビジネスはブログを書いていたりすると

本当にこれがお金を稼ぐために必要なことなのかと

疑たがってしまうことがあるんですよね。

 

だけど、それは1番良くないマインドなので、

しっかりと自分がやることには

成功するために必要なことだと自信をもってやることが大事です。

 

僕も自分のやっていることに自信を持ってからは

作業のスピードも上がったし、

なんといっても自分が成長しているのが感じられるようになりました。

 

なので、あなたも自分のやっていることには

自信をもってやっていきましょう!

 

 

今回はこれで終わります。

ありがとうございました。

無料でAmazonの書籍が読めます。





こんにちは、マッツです!!


今回僕が17歳にして起業をし、どうやって初収益を上げたのか。

その物語がAmazonで販売されることになりました!!




それを記念して期間限定でその書籍を無料でお渡ししています。

僕の起業をするまでの葛藤や起業をしてからどのようにお金を稼いだのかを話しています。

たくさんの人から感想もいただいていて本当に嬉しい限りです。



感想でもありますが、

スラスラ読めてほんの数分で読み終わることができるので

ぜひ暇な人間にでも読んでみてください。



感想をくれた人には、特典があるのでぜひ感想もぜひ送ってください!

期間限定の無料書籍を受け取る    
 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です