マーケティング

【書評】革命のファンファーレ お金の正体を知ればお金を稼げる

こんにちは、マッツです。

 

今日は「革命のファンファーレ」という本の書評を書いていきます。

 

革命のファンファーレはお笑い芸人をやめたことで有名なキングコング西野亮廣(にしのあきひろ)さんが書いた本です。

 

この本を買った理由は

お笑い芸人であるキングコングの西野さんが

「えんとつ町のプペル」という絵本を書き

その映画でディズニーの映画を超えるというのを聞いたので

西野さんに興味がわき買ってみました。

 

では書評をしていきたいと思います。

 

この本が1番言いたいこと。

 

この本が1番言いたいことは

 

これからはどれだけ知られているのかではなく

どれだけ信用されているかで稼げるお金が変わってくる。

 

つまりお金の正体は信頼であり

僕たちは信用をお金に変えているんです。

 

どういうことかというと

日本が高度成長期のころは商品がみんなのもとまで届いていなかったので

商品を選ぶ必要がありませんでした。

 

持っていないから何でもいいから商品をくれ~って感じです。

しかし、今はモノがあふれかえっていて

商品を買うのに選ぶという行為が必要になってきました。

 

そこで誰が商品を売っているかが重要になってきたんです。

 

例えば、ブログで1億以上を稼いでいることで有名なイケハヤさんが

「この情報商材を買えばブログで稼げるようになりますよ!」

といったら買う人が出てきますが

全く誰も知らない人が同じようなことを言っても

買ってくれないです。

 

これはイケハヤさんに今までの実績があって彼の話す情報には価値があると多くの人が信頼しているから買ってもらえます。

 

なので西野さんはこの本で

「次の時代を獲るのは信用持ちだ。」

と言っているんです。

 

信用を多く持っている人は

これからの時代でお金をかせぐことができます。

 

ではその信用持ちになるにはどうしたらいいのか。

 

と思った方もいると思うので

ここからは信用持ちになるやり方を話していこうと思います。

 

信用持ちになるには。

 

 

信用持ちになる方法は簡単で

正直になることです。

 

正直に思ったことを話していくことが信用持ちにつながっていきます。

 

そしてその信用持ちになるために

西野さんはグルメ番組のオファーを全て断るようにしました。

その理由は「グルべ番組は嘘しか言わないから」ということです。

 

グルメ番組ではおいしくないものでも

お店の印象を悪くしたくない。

これからの仕事を減らしたくない。

そういった理由からおいしいと言わなきゃいけないそうなんですよね。

 

西野さんはそのおいしくないものをまずいと言わなければ

正直ものでなくなってしまい

信用持ちになれないと考えた結果

グルメ番組を断り続けたんです。

 

実際に船に乗って漁師さんと魚を釣った時に

生臭くておいしいものではなかった。と言っていました(笑)

 

そうしていくうちに西野さんは

徐々に信用持ちになっていたわけです。

 

そして今ではそんな正直な彼のもとにファンが集まり

オンライサロンの会員数は1000人以上になります。

 

そのオンラインサロンの会員になるには西野さんの場合、月に1000円払う必要があるので

もし何もしなくても100万以上が入ってくるんです。

 

なので西野さんは信用持ちになったことでこの金額を得ることができました。

 

つまりお金をたくさん稼ぐためには信用持ちになることが必要です。

 

僕も信用持ちになるための努力をして

例えば、このブログでは

他の人が有料にしている情報も話していますし

正直に僕の思ったことを話しています。

 

特にお金をかけて得た情報を無料で話すことには

信用得るのに本当に重要です。

 

変にくだらない情報を話してしまうと

「こいつの情報役に立たない」と思われしまい

信頼を得ることが難しくなります。

 

それよりもお金をかけた情報を話しまくることで

「この人の情報は役に立つ」と思ってもらえて

信頼を得ることができるんです。

 

信頼を得ることができれば

情報商材を売っても

信頼があるので

「この人の情報は役に立つから大丈夫。」

と思ってもらえるので

商品を買ってもらうやすくなります。

 

なのであなたが情報発信などの情報関係のビジネスをする時には特に

自分がお金をかけて得た情報を人に話すべきです。

 

そうすることで

次の時代で勝ち抜ける信頼持ちになれます。

 

自分の持っている情報をもったいぶって

話さない人がいますが

はっきり言って意味ないです。

 

だっていくら情報を持っていても

信頼を得なければお客さんに「知りたい!」と思ってもらえないので

まず最初のころは自分の持っている有料の情報をばらまきまくって

信用を得ていきましょう!

 

まとめ

 

今回は「革命のファンファーレ」という本の書評を書いていきました。

 

この記事ではこの本の最も伝えたいことであった

信用の話。をしていきましたが

他にもまだ話したいことがあるので

それはまたの機会に書いていきます。

 

それと今回の記事で信用がいかにこれからの時代で重要になるかが分かってもらえたらうれしいです。

 

そしてこの信頼の話の他にも

えんとつ町のプペルの制作に至るまでの話などが書いてあって

僕としては絵本という違う業界の話でとても面白かったです。

 

なのでネットビジネスをやっている人も

違う業界の人の視点を知れるのでかなり新しい知識があると思います。

 

それとビジネスをしよう思っている人にはぜひ読んでほしいです。

この本が自分のやっているビジネスの助けになったり

ビジネスを始めるきっかけになるかと思います。

購入はこちらから。


では。今回はこれで終わります。

無料でAmazonの書籍が読めます。





こんにちは、マッツです!!


今回僕が17歳にして起業をし、どうやって初収益を上げたのか。

その物語がAmazonで販売されることになりました!!




それを記念して期間限定でその書籍を無料でお渡ししています。

僕の起業をするまでの葛藤や起業をしてからどのようにお金を稼いだのかを話しています。

たくさんの人から感想もいただいていて本当に嬉しい限りです。



感想でもありますが、

スラスラ読めてほんの数分で読み終わることができるので

ぜひ暇な人間にでも読んでみてください。



感想をくれた人には、特典があるのでぜひ感想もぜひ送ってください!

期間限定の無料書籍を受け取る    
 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です