マーケティング

リストマーケティングは○○のためだった!?!?

こんにちは、マッツです。

 

先日、洋服を友達と買いに行ったんですが

そこでGUを見かけて試しに入ったところ

アプリ会員価格というのを見つけて

「あ。これリスト取りだな」と思ったので

その話をしていこうかと思います。

 

お客さんのリストはなんとしてでもほしい

 

GUでは商品の価格が2つあります。

 

普通の価格とアプリ会員価格といったものがあり

アプリ会員価格のほうが普通に買う商品の価格よりも安いんです。

 

誰だって安い商品を買いたいですから

アプリをダウンロードしてアプリ会員価格で買うと思います。

 

しかも買うとポイントがつく機能があり

そのポイントを使ってさらに安く買えるので

圧倒的にGUで服を買うのであれば

アプリ会員になっていたほうがお得なんです。

 

ではなんでそこまでしてアプリ会員になってほしいかというと

それは社長である柚木治(ゆのきおさむ)さんの経営方針に大きく関係していました。

 

柚木治さんは

「ファッションは新しい自分を提供できる。」

「僕たちGUは新しい自分に出会うことの夢や喜びを揺るぎない価値として

お客さんに届けたい。」

と言った経営方針を取ってるんです。

 

やはりUNIQLOと同じファーストリテイリングの子会社ということもあり

「服を変え、常識を変え、世界を変えていく」

というのに似ていますね。

UNIQLOに関する記事はこちらから

あわせて読みたい
長く愛され続ける商品を作って収益を安定させるDRMとは?こんにちは、マッツです。 今日は長く安定した商品を作る方法を UNIQLOを例に出して 話していこうかと思いま...

 

ですが、志は似ていてもGUはUNIQLOと違い

長く愛されるような商品ではなく

多少商品の質が悪くなってもいいから

流行りのものを安く早く商品として出すようにしているんです。

 

なので、

お客さんがどういった色を好んでいるのか。

どういった種類のものを良く買うのか。

を知ることが絶対必要なんですよね。

 

理由としてはそこからどの程度商品をお店に置けばいいかを計算をして

売れ残りを減らすのにその情報がないと

無駄に商品を作りすぎたりして赤字になってしまうからだと思います。

 

そして、アプリ会員になってもらうことで

最新の情報を伝えてあげることができますし、

そこから商品をアプリで買うこともできるんです。

 

ネットで買うなら在庫の心配はあまりしなくていいので

どれだけ商品をお店に送るかを計算しなくて済み

無駄に従業員を雇わなくていいんです。

 

このようなメリットがお店にもあるから

商品の価格を安くしたり、ポイントをつけたりして

なんとかしてアプリ会員になってもらうんです。

 

流行りをとらえ常に新しい商品を作るGUだからこそ

他の会社よりもお客さんのリストが必要になってくるんですよね。

 

それに、

100人のお客さんのリストを500円とかで売ることができ

それを色んな会社に売ることでお金を稼げるので

お客さんのリストをとるための会社もあります。

 

レシートの写真を撮ってそれを買い取ってくれるアプリがあるんですが、

それはどんな人がどういったものを買っているのかを知りたい人がいるから

ビジネスとして成り立っているんです。

 

 

例えば40代の女性が買ったレシートを集めることで

どういった食べ物を買っているのかを調査し

その人たちの好みに合う味のダイエット食品を作ることに役立てたりします。

 

このようにどの年代の人をターゲットにして

その人たちのリストがあれば

今のその年代の人たちの傾向をつかむことができるので

自分たちの狙うお客さんの需要の高い商品を作ることができるんです。

 

なので、リストをとるというのは

ビジネスでは重要なんですよね。

 

まとめ

 

今日はリストマーケティングについて話していきました。

 

今のビジネスではお客さんの情報を持っている量で

需要の高い売れる商品がどれだけ作れるかが決まり

売り上げに大きく関係してきます。

 

なので、お客さんのリストをとるというのは

色んな会社でやっているんです。

 

なので、どこでこの会社は

お客さんのリストをとっているのかを考えてみてみるのも

かなり勉強になるかと思います。

 

僕は前までそんなこと何も考えないで

お店をぶらぶらして

商品を安く買うためにアプリをダウンロードしたりしてました。

 

だけど今は会社側のことを考えながらやっているので

お店一つに行くのも勉強になることがいっぱいです。

 

色んな会社側の狙いを分析して

自分のビジネスに活かしていこうと思います。

 

 

では。今回はこれで終わります。

ありがとうございました。

無料でAmazonの書籍が読めます。





こんにちは、マッツです!!


今回僕が17歳にして起業をし、どうやって初収益を上げたのか。

その物語がAmazonで販売されることになりました!!




それを記念して期間限定でその書籍を無料でお渡ししています。

僕の起業をするまでの葛藤や起業をしてからどのようにお金を稼いだのかを話しています。

たくさんの人から感想もいただいていて本当に嬉しい限りです。



感想でもありますが、

スラスラ読めてほんの数分で読み終わることができるので

ぜひ暇な人間にでも読んでみてください。



感想をくれた人には、特典があるのでぜひ感想もぜひ送ってください!

期間限定の無料書籍を受け取る    
 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です