書評

【書評】 『ファンベース』

こんにちは、マッツです。

 

今回は著者、佐藤尚之さんの『ファンベース』を書評していきます。

 

書評をする前に軽く佐藤尚之さんがどんな方なのか。

なんで僕がこの本を買ったのか。について話しますね。

 

まず、佐藤尚之さんは

広告やマーケティングのコンサルティングをする会社ツナグの代表、

同じ目的を持つ人が集まれる場所を与える会社4thの代表を務めている方でこの本のほかにも

・「明日の広告」

・「明日もコミュニケーション」

・「明日のプランニング」

の著者でもあります。

 

僕は今回が初めて佐藤尚之さんの本を読みますがこの「ファンベース」が面白かったので、

機会があれば他のも読んでみようと思いました。

 

そして、僕がこの本を買った理由としては、

 

現代のビジネスがただ新しいお客さんを増やしていくだけでは儲からず

その新しいお客さんをファンにして売り上げを伸ばすことが大事だとわかったため、

僕はどうやったら新しいお客さんを企業や個人のファンにしたり、

ファンを増やしていったらどのようなメリットがあるのか。

これをこの本から学び、企業のマーケティング分析や自分のビジネスに使えると思ったので、

この本を買いました。

 

そのことをふまえてこの書評を読んでみて下さい。

 

では、書評をしていきたいと思います。

 

「ファンベース」を1言で説明するなら

 

ファンを大切することは売上に直結する

 

 

つまり、

 

現代のビジネスでは新しいお客さんをとるために

広告やCMをいくら使っても一時的な売り上げがあがるだけであって、

安定して売り上げをあげることはできない。

 

しかし、ファンを大切にする仕組みがある企業は

新しいお客さんをファンにして安定して売り上げをあげることができきます。

要するに、ファンが企業を支えているんです。

 

ということを著者である佐藤尚之は言っています。

 

正直、僕はファンの重要性はわかっていたつもりだったし

新しいお客さんがどうしたら自分の商品のファンになってもらえるかはわかっていると思っていました。

その確認のために買ったのですが、

 

この本ではファンがいることの企業や個人へのメリットやどうやったらファンを増やせるのかなどファンに関することを細かく説明してあり、

その内容は僕が知っていたことも当然ありましたが、

知らなかったことのほうがかなり多かったと思います。

 

でもなんでファンが今のビジネスにとってそこまで大事なの?

 

そう思っている人もいると思うのでここからは、

僕の視点からファンの重要性について話していこうと思います。

 

ファンというのはアイドルとかそういうファンだけではなく、

この商品じゃないとだめ!

この肌触りがいい!

ここのブランドが1番かっこいい!

などその商品が自分にとって他のものには代えられないものであるなら

あなたはその商品のファンであることになります。

 

僕であったらアディダスというブランドが中学のころから大好きですね。

スポーツとかをする時とかはたまにパンツ以外全てアディスとかになっていて

みんなからアディ男と言われて恥ずかしいので、なるべくは違うものを着ようとするんですが、

スポーツ着のほとんどがアディダスなのでかぶってしまうほどアディダスのファンなわけです。

 

と、これはファンの一個上のコアなファンと本の中では言われているのですが、

このような存在は企業からしたらかかせない存在ですよね。

 

なぜかというと、新しい商品を出せば買ってくれるし、

ファンなので買ったものを友達に自慢したくなります。

(僕は新しい商品は買わずに安い商品を買うので自慢はしないんですが。)

 

そうすることで、企業は広告やCMとかを使わずに勝手にその商品が広まってくれるわけなんです。

 

ファンとは関係はあまりないのですが、

そのような広告やCMを使わずに商品を広める方法で有名な例に、スターバックスのがあります。

 

日本ではあまりないらしいんですが、アメリカのスターバックスはお客さんに名前を聞き、それを頼んでもらった入れ物に書くのですが、

 

わざと名前を間違えて書くんです。

 

これはお客さんが間違えて名前を書かれたことを面白がって、

ツイッターやインスタグラムなどのSNSにつぶやくことで、新しい商品などの無料の宣伝になることを狙っています。

 

これもマーケティングなんです。

 

お客さんに面白い体験や今までに体験したことのない体験などをさせてあげることによって、

もう1度それを体験したい!!

と思うようになるんです。

また、それをSNSにあげることでそれを見た人が「私も体験したい!」と思うようにもなります。

 

もしもこれが女性であった場合、

女性というのは集団で行動したがる生き物なので、新しいお客さんを連れてきたりもしてくれます。

 

こういう風に人間の心理や習性を使って物を買ってもらうのがマーケティングです。

 

話を戻しますね。

 

今のからわかったようにファンというのはただその商品を買ってくれるだけではなく、

その商品を広めてくれる大事な存在でもあるんです。

 

そして友達に勧められるというのは広告やCMよりも圧倒的に強い宣伝効果を持ちます。

例えば、

友達が新しくAppleの商品を買ってきて便利そうに使っているのを見るとテレビで見るよりもほしくなったり、

面白くなそうな表紙をした漫画でも友達が面白かった、感動したなどの感想を聞くと見てみようかなとおもったりすることがあるかと思います。

それを勧めてくれるのがファンなのです。

 

また、自分の商品の悪いところを見つけてくれるのもファンなのです。

 

なんでファンが商品の悪いところを見つけてくれるくれるかというと、

 

もし自分がお金のことばっかり考えてしまって、

前の自分の商品の良さがなくなってしまった時にそのことを誰よりも早く知らせてくれるからなんです。

 

当然、人間なのでお金はほしいですし、楽して稼ぎたいですよね。

 

だけど、そこで自分の理念とはかけ離れたものを作ってしまったら

自分で自分の商品の良さを消したことになり、

前まで買ってくれてた人も買ってくれなくなります。

 

だから、自分がもし自分の理念とは違った商品を作ってしまったら

1度ファンの方に自分のを見せることで、

そのような事態を防ぐことができるんです。

 

このようなことから、ファンは今のビジネスにとって重要な存在にされているんですよね。

まとめ

 

今回は佐藤尚之さんの「ファンベース」という本の書評をしていきました。

 

この本はファンの重要性を話してからどうやったらファンを作れるのか。

について書いてあってストーリ性があってわかりやすく、

内容も濃くて僕が知りたかったことがしっかり書いてあって値段以上の価値を感じました。

 

だけど、途中で具体例などで使われたものがURLが書いてあり

そこから自分で調べるのが少し面倒でした。

 

そしてこの本は、

ビジネスにおけるファンのことについてしか書いてなかったので、

ビジネスの勉強を始めた人向けではなかったですね。

 

どちらかというと、

ファンは自分の商品を永遠に買ってくれるやつら。

ファンよりも新しいお客のほうが大事だろ。

ファンてどうやったらできるの。

などを思っている商品開発をされているサラリーマンの方や経営者の方向けだと思います。

 

新しいお客さんばっかとるキャンペーンや広告しかやろうとしないところは多いので、

 

自分の会社はファンのことなんて考えないてない!

 

と思われる方はこの本を上司の方に読んでもらったり、

自分でファンについて説明したりすると

会社の売り上げをあげるきっかけを作れます。

 

だから、このファンについて知っているといないとでは、

かなりこれからやるビジネスやもうすでにやっているビジネスの結果が変わってくると思うので、

ぜひ読んでみて下さい!!

 

今回はこれで終わります。

ありがとうございました。

 

ここから購入できます。

楽天はこちらから

 

無料でAmazonの書籍が読めます。





こんにちは、マッツです!!


今回僕が17歳にして起業をし、どうやって初収益を上げたのか。

その物語がAmazonで販売されることになりました!!




それを記念して期間限定でその書籍を無料でお渡ししています。

僕の起業をするまでの葛藤や起業をしてからどのようにお金を稼いだのかを話しています。

たくさんの人から感想もいただいていて本当に嬉しい限りです。



感想でもありますが、

スラスラ読めてほんの数分で読み終わることができるので

ぜひ暇な人間にでも読んでみてください。



感想をくれた人には、特典があるのでぜひ感想もぜひ送ってください!

期間限定の無料書籍を受け取る    
 

POSTED COMMENT

  1. […] あわせて読みたい あわせて読みたい【書評】 『ファンベース』こんにちは、マッツです。 … […]

  2. […] あわせて読みたい【書評】 『ファンベース』こんにちは、マッツです。 … […]

  3. […] あわせて読みたい【書評】 『ファンベース』こんにちは、マッツです。 … […]

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です