書評

【書評】ピーター・ティール 市場をずらすとは!?

こんにちは、マッツです。

 

先日、「イーロンマスクの世紀」という本を読んだんですが、

その中でピーター・ティールという人の名前がたくさん使われていて

気になって彼のことについて書いてある本を買ってみました。

あわせて読みたい
【書評】イーロンマスクの世紀 これからの時代に必要なこととは!?こんにちは、マッツです。 今日は「イーロンマスクの世紀」という本の書評していきます。 今、zozotawnの...

イーロンマスクの世紀についてはこちらから

 

それでこの本を読んでいて思ったのは

イーロンマスクは実業家として

普通の人であったら何年も先になるであろうことを

考えられないスピードでやってしまう人でしたが、

ピーター・ティールは実業家でもあり

投資家でもあり、アメリカの政治を裏で操っている人とも言われていて

男だったら憧れちゃうような人だと思いました。

 

「日本の政治を裏で操ってる人」とかかっこいいですよね(笑)

 

政治を動かしてるとはいかなくても

日本で知らない人はいないレベルには

死ぬまでになって見たいものです。

 

話を戻しますね。

 

そんな世界の経済界で知らない人はいないのではないかと言われるピーター・ティールについて

シリコンバレーの金融や技術に関する専門家として

ドイツのニュースチャンネルで働いているトーマス・ラポルトが

この本を書きました。

 

内容としては

・ピーター・ティールの生い立ち

・実業家としての起業のやり方、経営戦略

・投資家としての思考

・ピーター・ティールの思想

・ドナルド・トランプを陰で操っているのか。

・ピーター・ティールのこれからの未来戦略

 

こういったことが主な内容となっています。

 

今回はその中でも僕が面白いと思ったことをここからは話していきます。

 

 

競争はするな

 

 

ピーター・ティールはビジネスで儲けるためには

競争をするなと言ってることがこの本では何回もでます。

 

競争するなとは要するに

他の競争相手がいる市場では

最終的には価格競争になってしまうので

市場をずらして

自分だけの市場を見つけ

そこで他の人にはないものを生み出すことが

最もお金を儲けることができるということです。

(価格競争は値段をどれだけ下げられるかのチキンレースのようなものです)

 

だけど、自分だけの市場ってどうやったら見つけたらいいの?

何か面白いアイディアを出さなきゃいけないんじゃないの?

と思った人もいるのではないでしょうか。

 

僕も起業をするまでは

「何かおもしろいアイディアを出さなきゃ」

「アプリ開発できるようにならないと。」

こんなことを思っていました。

 

しかし、アイディアというのは

知識があるのが大前提なんです。

 

何も知識がない人が

他の人に出せないようなアイディアを思いつけることはできません。

 

ここを勘違いしている人が多いんじゃないかと思います。

(僕もその一人でした。)

 

アイディアは勉強をして知識をつけ

そこから自分の持っている知識を組み合わせることで

競争相手がいないもしくは競争相手が極端に弱い市場を見つけたり

誰もまだやっていないアイディアを思いついたりするんです。

 

 

例えば、ダイエットというと競争相手がわんさかいますが

そこに寝る前の3時間だけ好きなだけ食べていい1日1食ダイエットといったようなものを

付け加えると確実に競争相手が減ります。

 

この食事法は僕が実際にやっていることなんですが

食事代も減るし、眠くなることがなくなって集中力が格段に上がりましたし

それと体重も減ったので今回はそれを例にしてみました。

 

最初は3食元々食べていたのできつかったですが

慣れてしまったら大丈夫ですし

食べる時めちゃめちゃお腹が減っているので

食事が前よりも楽しくなって良いことばっかです。

 

これは僕の尊敬する人がやってみたんですが

こうやって自分の尊敬する人のやってみることは

その人の思考に近くなるので

稼げる脳に変わっていきます。

 

だからどんどん自分の尊敬する人のやっていることは

マネしてみるのが大事です。

 

話がそれましたね。

戻します。

 

このようにダイエットといった一つのことに

他の知識をつけ足すことで

誰も競争相手がいない市場を見つけることができるんです。

 

だからまずは誰も思いついたこともないようなアイディアを出すんじゃなくて

知識をつけていくのがビジネスでお金を稼ぐための正しいプロセスなんですよね。

 

そこにマーケティングの知識とかあったら

競争相手がいてもはっきり言って全員ごぼう抜きできちゃいます。

 

他の人はマーケティングの知識がないので

集客の仕方や教育の仕方が下手くそです。

 

だから、他人のブログとか見たりすると

こうすればもっとお金を稼げるのにな。とか思ってしまうこともあります。

 

前まではそんなこと思ってもなかったのに

マーケティングについて勉強してきたから

今まで見てきた世界が変わって違う視点で見ることができるようになったので

やっぱり勉強は大事だなと感じますね。

 

なので、これからも多くの分野の本を読んだり

師匠のやっていることのマネをしたりして

もっともっと知識をつけていきたいと思います。

 

 

まとめ

 

 

今回は「ピーター・ティール」という本を書評していきました。

 

彼の考えの1つである「競争するな」という部分について話しいきましたが

この市場をずらして

自分の新たな市場を見つけるというのは

ビジネスでお金を稼ぐのに大事な考えなので

絶対に覚えておいてください!

 

この本ではピーター・ティールの行動についてのことや

著者ならではの考えが書いてあり

自分だけの視点で見ていないので

かなり面白いのではないかと思います。

 

なので、

ピーター・ティールがやったことに興味がある人には

かなりこの本1冊だけでわかることが多いかと思いました。

 

それと、このほかにもこの本には掘れるものがあるので

またの機会にそのことについて書いていこうかと思います。

購入はこちらから。

 

では。今回はこれで終わります。

ありがとうございました。

 

無料でAmazonの書籍が読めます。





こんにちは、マッツです!!


今回僕が17歳にして起業をし、どうやって初収益を上げたのか。

その物語がAmazonで販売されることになりました!!




それを記念して期間限定でその書籍を無料でお渡ししています。

僕の起業をするまでの葛藤や起業をしてからどのようにお金を稼いだのかを話しています。

たくさんの人から感想もいただいていて本当に嬉しい限りです。



感想でもありますが、

スラスラ読めてほんの数分で読み終わることができるので

ぜひ暇な人間にでも読んでみてください。



感想をくれた人には、特典があるのでぜひ感想もぜひ送ってください!

期間限定の無料書籍を受け取る    
 

【書評】ピーター・ティール  起業する前に気を付けることとは!?|17歳の高校生が年収1億になる物語 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です