偉人紹介

孫正義はなぜ働き続けるのか?

こんにちは、マッツです。

 

今回はソフトバンクを経営する孫正義が、

なぜあそこまで成功をおさめたのにもかかわらず、働き続けるのか。

について孫正義を紹介しつつ話していこうと思います。

 

孫正義といえば、2017年の時に資産を増やしたことで、

3年ぶりに日本で資産を多く持つ人のランキングで1位に返り咲き。

 

その資産額は約2兆2640億円と言われています。

 

ですが資産が増える一方で、孫正義が経営するソフトバンクの借金額は11.6兆円まであがり、

ここまでの借金をできる会社はソフトバンクくらいしか日本にはないと思います。

 

そんな普通の人からは考えられないようなことをする孫正義ですが、

「髪の毛が後退してるのではない。

私が前進してるのだ。」

 

ということをTwitterでいうなどすごく面白いところも持つ孫正義さんを、

今回は紹介していきたいと思います。

 

では、話していきますね。

 


 

天国と地獄の少年時代

 

孫正義は在日韓国人の両親のもとに生まれました。

 

幼少期のころは豚や羊と生活を共にするなど、

不衛生で貧しく、朝鮮人であることから差別をされたりと、

辛い幼少期を過ごしました。

 

しかし孫正義の父が経営するお酒を売るお店や

パチンコのお店が成功を収めたことで生活が変わります。

 

高級車を何台も持つなどこれまでとは比べられないほどの裕福な生活をすることになったのです。

 

そんな天国と地獄の生活を幼少期に経験した孫正義は、

絶対に前のように貧乏な生活をしたくないという気持ちができ、

それが彼の成功を収めた理由の一つでもあると思います。

 

やはり、成功をする人の共通点の1つとして貧乏な生活を送ったことや、

子供時代にいじめられてそいつらを見返すためなど

何かしらの悔しいやこの生活から抜け出したいなどの気持ちが

彼らを行動させるきっかけになってると思うんです。

 

僕であったら家族でレストランに行ったときは

自分の好きなものがあっても遠慮して選ばず、

そこまで自分が好きでもない安いものを注文するなど

たしかに、孫正義のように死ぬほど辛いことでもないですが、

 

僕は2度とお金に困った生活をしたくないですし、

母にもそんな思いはさせたくありません。

 

別にきれいごとを言ってるわけではないです。

 

母が仕事をしにいく時、僕のスポーツをするときの服を着ていたり、

普段も自分の服は買わずにほとんど前買ったものを着ていたりします。

 

もうそんなお金に振り回される生活を母にこれからしてほしくないし、

僕もしたくないです。

 

多分ほとんどの人がそうだと思います。

 

だけど、色々考えてしまって、

行動をしないから生活が変わらないんですよね。

 

行動を起こす。

 

これは成功をする、しないにかかわらずお金を稼ぐことに関しては

もっとも重要なことの1つです。

 

なので、ぜひこのことは覚えておいてください。

 

1つの発明から起業

 

 

孫正義は藤田田(ふじた でん)という日本マクドナルドなどを作った有名な経営者が書いた「ユダヤの商法」という本を読み、

彼は感動をしました。

 

そこから猛アタックを藤田田にしかけ何も実績がなかった孫正義ですが、

会うことに成功をしたんです。

 

そこで、孫正義は「これからは何を勉強すればいいか?」と聞き、

藤田田は

「これからは、コンピューターの時代だね。

俺がお前の年齢なら、コンピューターを勉強する」

と言いました。

 

それを聞いた当時、高校生だった孫正義は

アメリカに留学をすることを決意しました。

 

アメリカでは、

寝るとき以外はほぼ勉強をしていたというほど努力をした彼の頭には

就職という発想はなく、

「発明」

 

をするという発想しかなかったそうです。

 

そこから250個もの発明をし、今では当たり前のようにある

「音声付き自動翻訳機」

を発明しました。

 

それをシャープに売り1億ものお金を手に入れ、

ソフトバンク(になるもの)を起業したのです。

 

僕は孫正義は多分バカなのかと思います。

良い方のバカですよ。

 

僕みたいに色々考えてなかなか行動を起こさないんじゃなくて、

行動してみないと何が起こるかわからないし

最後は絶対に成功するから。

みたいな考えなのかと思います。

 

このような考えを

「くじ箱戦略」

 

というそうです。

 

当たりが多そうなくじ箱を見つけたら、

低いお金でくじを引きまくる。

 

孫正義はそれを繰り返してるだけだそうです。

 

だから彼は失敗も当然多くなりますが、

その分成功をしたときに返ってくるお金がすごいから、

ソフトバンクはあそこまで大きくなったんですよね。

 

例えば、ソフトバンクはYhoo!がまだみんなに知られる前に

多くのお金を投資し、今ではYhoo!は世界でも有名な検索エンジンになり、

日本でもYhoo!は圧倒的な地位に立っています。

 

それに最近で言えば、アリババという中国の情報技術を扱う会社に

20億円を投資し、8兆円になって返ってきたそうです。

 

このように成功したところだけ見れば、

まるで孫正義が未来がみえていると感じてしまいますよね。

 

だけど実際は「くじ箱戦略」をしてるので、

失敗も多いんです。

 

この考えを持ってビジネスをすると、

必ずと言っていいほど成功するんですよね。

 

なんでかっていうと、

ほとんどの人が1度失敗をするとあきらめてしまうので、

くじを引き続ける人はいつかはくじが当たって成功するんですよね。

 

だってお祭りとかでくじを引いて1回で当てる人なんてそうそういないです。

なのにみんな1回引いてそれがはずれだったらやめるんですよね。

 

僕はまだ17歳ですが、

何回かはずれを引いてあきらめてしまっているので、

これからは、はずれを引いてもくじを引き続けていきます。

 

そうすること誰よりもはやく成功できるし、

若いからいろんなことを経験することができるんです。

 

僕はみんなが大学でワイワイやってる時に、

その人たちが経験するはずのことを経験して

彼らが大学を卒業する時には、

今からでは想像もできないような成功をすると確信しています。

 

そんな経験をあなたと一緒に経験したいとも僕は思ってもいるんです。

 

スティーブ・ジョブズが死ぬ直前に言っていたのですが、

 

「いくら稼いでもお金は死ぬときに持って行けないが

経験した思い出や人との思い出は持っていけるんだ。」

 

と言っていたのです。

 

最終的に人は経験や思い出が大事になってくるんですよね。

 

だから僕は一緒に頑張ってくれる人を探すためにも情報発信をしていますし、

1人でも多くの人が僕の情報で人生が変わればとも本気で思っています。

 

なので、ぜひ情報発信はしてみてくださいね!

 

孫正義が働き続ける理由

 

孫正義が医者から余命5年だと宣告されたんです。

それは彼がソフトバンクを起業して2年目のことでした。

 

そこで彼は病院のベットに寝ながら考えました。

「働く意味とは何だ。本当にしたいことは何だ。」

 

そう自分に問いかけていると一つの考えにたどり着いたそうです。

 

この世界でソフトバンクのことを知らないで、

地中の裏側でリンゴにかぶりついている女の子を笑顔にしたい。

 

もちろん家族や社員の笑顔もだが、そんな女の子の笑顔も見たいと

心から思ったそうです。

 

その気持ちでそこからは仕事をしていたら病気が治ってしまい、

彼は今も地球の裏側の女の子を笑顔にするために仕事をしています。

 

いやぁ。スケールがでかすぎますよね。

人間として尊敬してしまいます。

 

孫正義の言った「人を笑顔にする。」

 

これはこれからの時代に生き残る唯一の仕事であると僕は思っています。

 

たくさんの仕事がロボットがやっていくことで人は最終的に、

笑顔になりたいという考えになると思うんです。

 

だから、その点でも情報発信は個人でも簡単にできるいい仕事だと

僕は思います。

 

なぜかというと、お金がほとんどかからないし、

パソコン1台あればどこでもできてしまうんです。

 

しかも、人に新しい世界を見せてあげることで笑顔にできるんですよね。

 

だって、自分の人生って自分しか経験してないんですから、

人にそのことを教えるだけで面白がって聞いてくれたりしますし、

自分が知ってる知識が誰かのためにもなるんです。

 

これほどすごい仕事はあまりないと思います。

 

17年間しか生きてませんが、

これ以上の仕事にこれから会うことはないと思うんです。

 

僕は孫正義のように世界の裏側とは言いませんが、

僕がこうやって高校生からでもお金を稼げることや僕の人生などを

ブログなどを通じて知ってもらい新しい世界を見せることで、

笑顔になってくれる人が日本のどこかにがいるんじゃないかと思いながら

いつも記事を書いています。

 

だから僕は記事を書くのをやめなかったら、

誰かを笑顔に絶対できると思ってますし、

その人と一緒にご飯を食べれたらなんてことも思ったりしますね。

 

まとめ

 

今回は日本を代表する人である孫正義を紹介しました。

 

他にもたくさん彼の凄いところがあるんですが、

今回は彼が仕事をし続ける理由を中心に話していき、

彼の魅力を知っていただけたらと思いこの記事を書きました。

 

正直、すごすぎて記事ではまとめきれなかったところもあるので、

気になった方は調べてみて下さい。

 

そして何かを始めたいと思った人はまずはブログから始めるのをおすすめします。

 

もっとハードルを下げるならば、

自分が興味のあることをやっている人やその周辺の人をTwitterでフォローしたりしてみると

意外にメッセージが来たりします。

 

まあこれは僕が師匠と会うことができた経験のことを言ってるだけなんですが。

 

でも本当にどれだけハードルを下げてもいいので、

行動をしてみると今まで見ていた世界が変わります。

 

僕も最初はこんな世界があるはずがない!

とか思っていましたが、

知っていくうちにそれが本当のことだとわかっていきました。

 

そしてなんで今まで知らなかったのか不思議になって、

それを知るのが楽しくてやめられなくなりましたね。

 

だから、あなたも自分が興味を持ったことがあったら行動してみて下さい。

 

そしたら、自分がどれだけ知ってる世界が小さいかがわかり驚いて、

気づいたらそれを知るのが楽しくてやめられなくなります。

 

なので行動をしてみることは本当に大事ですね。

 

今回はこれで終わります。

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

無料でAmazonの書籍が読めます。





こんにちは、マッツです!!


今回僕が17歳にして起業をし、どうやって初収益を上げたのか。

その物語がAmazonで販売されることになりました!!




それを記念して期間限定でその書籍を無料でお渡ししています。

僕の起業をするまでの葛藤や起業をしてからどのようにお金を稼いだのかを話しています。

たくさんの人から感想もいただいていて本当に嬉しい限りです。



感想でもありますが、

スラスラ読めてほんの数分で読み終わることができるので

ぜひ暇な人間にでも読んでみてください。



感想をくれた人には、特典があるのでぜひ感想もぜひ送ってください!

期間限定の無料書籍を受け取る    
 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です