マーケティング

コンテンツ×ターゲットが大事な理由。

こんにちは、マッツです。

 

今日はコンテンツ×ターゲットがどうして大事なのか

その理由を話していきます。

 

このコンテンツ×ターゲットを理解しないままビジネスをやってしまうと

売り上げが全く伸びないことが起こってしまうので

今回の記事でコンテンツ×ターゲットを理解し

売り上げを出していきましょう。

 

コンテンツ×ターゲットって何?

 

コンテンツ×ターゲットとは

自分の商品を作った時にその商品がどういった人を狙っているのかということです。

 

例えば、ユーチューブでいうと

ヒカキンさんが代表的ですね。

 

ヒカキンさんの動画であるコンテンツは

狙っている人つまりターゲットが子供です。

 

なので、コンテンツは

ターゲットである子供が好きなるようなものになっています。

 

世界1きれいな泥団子といったコンテンツや

アルミホイルを叩いてみたといったコンテンツなどです。

 

どれも大人が見たら

「何をいい年してこんなものを作っているんだ。」

と思うかと思います。

 

しかし、子供からしたら

「え!気になる!」

といった興味をそそられるようなコンテンツなんです。

 

これはターゲットが子供だからです。

 

なので、コンテンツを作る際には

そのコンテンツのターゲットが興味をそそられるようなものを作っていくことが重要になってきます。

 

ターゲットを広くしたコンテンツはダメ。

 

 

だったら大人をターゲットにしたコンテンツも作れば

もっと多くの人に見られて売り上げも大きくなるやん。

 

と思う方もいるかもしれませんが

大人も子供もターゲットにしてしまっては

どちらにも好かれないコンテンツになってしまい

売り上げを出せなくなってしまうんです。

 

例えば大人に人気のあるラファエルというユーチューバーがいるんですが

その人はキャバ嬢やAV女優とよくコラボをして

10代後半から40代の人が好きそうなコンテンツを作っています。

 

ですが、もしもそんなコンテンツを

小中学生の子供をターゲットにしているヒカキンが出したら

子供はどう思うでしょうか。

 

そんな動画なんも面白くないんだけど、

新しいおもちゃの紹介とかしてよ。と思われて

ヒカキンの動画に興味がなくなってしまい

またヒカキンの動画を見なくなってしまうかもしれません。

 

だからターゲットを広くしてしまっては

結果的にどちらにも好かれないようなコンテンツになってしまうんです。

 

それとターゲットを狭くしてコンテンツを作れば

よりターゲットに合ったコンテンツを作ることができるので

また見たい!

もう1度見たい!

といったリピーターになってもらいやすくなります。

 

なのでコンテンツを作る際にどういった人をターゲットにしているか。を意識して作ることで

売り上げを出しやすくなるんです。

 

市場によってコンテンツ×ターゲットを変える

 

自分のやろうとしている市場によってコンテンツ×ターゲットを変えるのもまた売り上げに関係してきます。

 

またヒカキンの例になりますが、

彼は最初、ユーチューブに

ビートボックスという口で楽器の音を出す動画をあげていました。

 

ヒカキンはもともとビートボックスで有名になった人で

アリアナとコラボしたこともあるそうです。

 

しかし、今ではそのようなビートボックスの動画はあげず

先ほど言ったような子供をターゲットにした動画をあげているんです。

 

これはユーチューブを見ている層の多くが子供だったからです。

 

ヒカキンは自分を有名にするためにビートボックスの動画をあげていましたが

徐々に目的が変わり

お金を稼ぐビジネスをするために子供をターゲットにしたコンテンツに変えていきました。

 

これが市場によってコンテンツ×ターゲットを変えるということです。

 

ユーチューブは動画が多く再生されることで

Googleからお金をもらっています。

 

なので、ヒカキンは

ユーチューブをよく見ている人をターゲットにしたコンテンツを作るのが

売り上げを出すのに必要になっていったんです。

 

このように自分がお金を稼ごうと考えている市場によって

コンテンツ×ターゲットを変えることは

売り上げにめちゃめちゃ関係してくるので

ぜひ覚えておいてください。

 

まとめ

 

今日はコンテンツ×ターゲットの話をしていきました。

 

僕のブログにある記事もコンテンツなので

もちろんターゲットを意識して書いています。

この記事にもコンテンツ×ターゲットが分からない人をターゲットにした記事です。

 

このコンテンツを作るときにターゲットを意識することは

ビジネスの大事な教育の部分でもあるので

この記事はどんな人にどういったことを教育したいのかを考えると

かなり勉強になります。

 

僕もよく他の人のツイッターのツイートとかを見て

このコンテンツのターゲットは誰なのか。

このコンテンツは何を教育したいのか。

とかを考えたりしています。

 

ツイッターのツイートもコンテンツなんですよね。

 

このように僕たちの周りにはたくさんのコンテンツがあって

そこにはターゲットがいるので

そのことを気しながら毎日を過ごしてみると

気づくことがあって自分のビジネスに役立つものが多いです。

 

なので何気ないことを勉強に変えて

自分を成長させまくりましょう!

 

 

今回はこれで終わります。

ありがとうございました。

無料でAmazonの書籍が読めます。





こんにちは、マッツです!!


今回僕が17歳にして起業をし、どうやって初収益を上げたのか。

その物語がAmazonで販売されることになりました!!




それを記念して期間限定でその書籍を無料でお渡ししています。

僕の起業をするまでの葛藤や起業をしてからどのようにお金を稼いだのかを話しています。

たくさんの人から感想もいただいていて本当に嬉しい限りです。



感想でもありますが、

スラスラ読めてほんの数分で読み終わることができるので

ぜひ暇な人間にでも読んでみてください。



感想をくれた人には、特典があるのでぜひ感想もぜひ送ってください!

期間限定の無料書籍を受け取る    
 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です