マインド

失敗しても成功すればいい【偉人紹介】堤康次郎

こんにちは、マッツです。

 

今日は今の西武グループを作った堤康次郎(つつみやすじろう)を紹介していきます。

 

西武グループといったら

プリンスホテルや西武ライオンズなどが有名なところですかね。

 

そのような日本人の多くが聞いたことはある会社を持ち、

年間1000億もの売り上げを出す西武グループになるものを

どうやって彼が作ったのかを話していきつつ、

失敗をし続けても1回成功すればいいという

ビジネスにおいて大事な考えを話していこうかと思います。

 

大学生から失敗の連続

 

 

堤康次郎は早稲田大学に入っていましたが、

ほとんど学校には顔を出していなかったそうです。

 

では何をしていたのかというと、

副業やアルバイトに集中してました。

 

そうしてお金を貯め

事業を始めますが、

全てうまくいきません。

 

真珠の養殖などもやったそうです。

 

そして彼は最後の頼みとして

人生で初めて土地を買いました。

 

ですが、事業に失敗し続けた彼には

土地を買うお金はありません。

 

ではどうやってかりたのでしょうか。

 

それはお金を借りたんです。

 

すぐに返すからと言って知り合いの医者にお金を借り

現在の軽井沢の土地を買い、

別荘地を売ることをしていったんです。

 

そしてその事業が見事に成功し

そこからの堤康次郎は土地を買いまくっていきました。

 

今まで失敗し続けたのに自分はいつか成功すると考えていたんです。

 

彼は成功する人の考えそのものですね。

 

この世で1番成功する人っていうのは

挑戦をし続けた人なんですよね。

 

あのケンタッキーを作ったカーネル・サンダースは

60代後半からフライドチキンンを売り始めたんです。

 

その前まではずっと失敗しまくっていたんですよね。

だけど、60歳になっても挑戦をし続けたから

成功をして

今のケンタッキーがあるんです。

(カーネル・サンダースの記事はここから読めます。)

 

挑戦をするっていうことは

失敗も当然多くなりますが

成功も同時に多くなるんですよね。

 

だけど、ほとんどの人は失敗が怖いので

1回の失敗であきらめていくんです。

 

挑戦をしないとたしかに失敗はしませんが

成功もしないんです。

 

だから僕は高校生ですが

堤康次郎と同じように借金をしてビジネスを学んでいます。

 

最初は本当に怖かったです。

高校生なのに借金かよ。

大学行かなくても大丈夫かな。

 

そんなことばっか考えていましたが

僕にはあることを強く思っていたので

ここまで挑戦ができました。

(僕の行動理念はここから読めます。)

 

なので、誰だって最初は怖いんです。

だけど、そこで挑戦するから

成功する人が現れるわけなんですよね。

 

僕はそんな成功する人になりたいので挑戦をしまくります。

 

どんなに怖くても挑戦することで

知れることが多くあります。

 

僕であったらネットビジネスは詐欺だと思って怖かったけど

始めてみたらこれまでの世界が変わるほどすごかったんです。

 

なので、僕はこれからもそのような知らない世界にに飛び込み続て

自分の知っている世界を広げまくります!

 

1度の成功がいくつもの成功に

 

 

堤康次郎は軽井沢の土地を買い、別荘地として売ることに成功した後、

 

今の一橋大学を立てることにしました。

そしてそこに人が多く来るのを活かして近くの鉄道の会社を買い取ったんですよね。

 

そこからも鉄道の会社を買い取り、

今の西武鉄道などの会社を経営をしていき

自分の資産を増やし続けていったんです。

 

いやあ、1回の成功がここまで大きくなるなんてすごいですよね。

 

しかもその鉄道の他にもデパートも経営することもしていたんです。

 

これも失敗を怖がらなかったからなんですよね。

 

1回成功しただけでやめないで

挑戦をしまくったんですよね。

 

だってデパートと鉄道とかまったく違うジャンルじゃないですか。

 

いくら1度成功したからと言ってもう一度成功するかもわからないし

ましてやそれが違うものだとなると怖さが出るのは当たり前なことです。

 

だけど堤康次郎は恐れずに挑戦をして

鉄道の会社やデパートの経営をしていき

西武グループというものを作ることができたんですよね。

 

なので、1度の成功で満足するんじゃなくて

そこからも挑戦をし続けるのが重要なんです。

 

挑戦をすることで成長をすることができるので、

挑戦をやめたらその人の成長は止まります。

 

僕はずっと成長していたいと欲張りな人間なので、

1回成功しても挑戦をやめません。

 

10回挑戦して1回成功する気持ちで

これからも挑戦を続けていきたいと思います。

 

だからあなたも自分の成長のためだと思って

挑戦をしてみるのが大事です。

 

まとめ

 

 

今回は堤康次郎について話していきました。

 

この記事を読んで少しでも挑戦してみようと思ってくれたら

うれしいです。

 

挑戦は本当に自分を変えてくれます。

 

僕が不登校の時も学校に行くという挑戦をしたことで

大きく自分を変えることができましたし

今では不登校だったことも自分を変えるいい経験だと

思えるようになりました。

 

これも挑戦を続けたからです。

 

挑戦は自分の考えを良くしてくれます。

 

なので、まずは挑戦することが大事なんです。

挑戦してみなきゃ何も変わらないんですよね。

 

だから、自分のやれるものまでハードルを下げるんです。

 

もしあなたがビジネスに挑戦したいと思うなら

僕はブログをオススメします。

(ブログの始め方はここからわかります。)

 

なぜかというと、

ブログは最初のお金もほとんどかからないし

自分のペースできるんですよね。

かなりハードルが低いと思うんです。

 

だからまずはブログなどの自分のやれることから挑戦し

そこから大きなことに挑戦するのもいいと思います。

 

挑戦は本当に人生を大きく変えてくれるので

大事ですね。

 

僕ももっとこれから挑戦しないとです。

 

 

今回はこれで終わります。

ありがとうございました。

無料でAmazonの書籍が読めます。





こんにちは、マッツです!!


今回僕が17歳にして起業をし、どうやって初収益を上げたのか。

その物語がAmazonで販売されることになりました!!




それを記念して期間限定でその書籍を無料でお渡ししています。

僕の起業をするまでの葛藤や起業をしてからどのようにお金を稼いだのかを話しています。

たくさんの人から感想もいただいていて本当に嬉しい限りです。



感想でもありますが、

スラスラ読めてほんの数分で読み終わることができるので

ぜひ暇な人間にでも読んでみてください。



感想をくれた人には、特典があるのでぜひ感想もぜひ送ってください!

期間限定の無料書籍を受け取る    
 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です