コピーライティング

コピーライティングで最も重要な4つのNOT

こんにちは、マッツです。

 

今回はコピーライティングで最も重要な4つのNOTについて話していきます。

 

4つのNOTとは、見込み客に商品を買ってもらうための4つの壁を意味します。

なので、はじめてコピーライティングを書く人はぜひ最後まで読んでみて下さい

 

では、その前にまず4つのNOTがなにかについてです。

4つのNOTとは

Not   Open…知らない、開かない

Not    Read…読まない、読まれない、

Not    Believe…信じれない、わからない、

Not    Act…行動しない、買ってもらえない

 

です。

 

これを理解しないとネットビジネスだけではなく、あなたが何か商品を買ってほしい時にもかなり難しくなりますが、

これを知ればあなたは、見込み客に商品を買ってもらうための第一歩を踏み出すことができるようになります。

 

ではさっそく、1個ずつ解説していきますね。

Not    Open

 

これは見込み客がアクセスさえしない。クリックさえしない。

まず、認知されていない状況です。

 

僕たちは商品を買ってもらう大前提としてアクセスしてもらわないとその商品がいくらよくても知られなければ買ってもらうことは不可能です。

 

なので、まずはこの壁を越えましょう

 

大企業などがなぜCMや広告などを大金を払って出している理由としては

最初のNot   Openを超え、知ってもらうためだったのです。

 

だから僕たちは商品の告知をしたり、ブログを使って商品の説明をしたりとか。

最初はそういった風に自分を知ってもらうような作業をしていきましょう。

 

Not   Read

 

知ってもらいました。

だけど商品が売れない、どうするべきか。。

 

読ませなければならないのです。

今の現状は

「名前しってるけど、あいつどんなやつだっけ?」

「あの会社はたしか。。。あんな商品だしてたよね」

のような感じです。

 

なので、そこを

「あそこの商品面白そう、レビュー見てみよ!」

に変える必要があるんです。

 

Not   Readの壁をこえなければ、閉じられてしまいます。

見られることもなくなります。

なので、読ませなければならないんです。

 

だけど、だいだいの人がこの壁を越えられません。知ってもらうだけじゃダメなんです。

 

Not   Believe

 

信じてもらえないのがこの段階です。

 

知ってもらい、読んでもらった。

でもなんかうさんくさいな。

こう思わせたら心を閉じられてしまいます。

 

なので、この商品がいかに良いかを説明しなければならないんです。

そして、信じてもらいましょう。

共感してもらいましょう。

 

Not   Act

 

決定できない。購入できない。行動できない。

めんどくさい段階にお客様はいるんです。

 

だからそれを動かすためのエネルギーを送りましょう。

 

最後にこのNot   Actを超えれば、商品を買ってもらえます!

 

4つの心理障壁をこえるのがビジネスにとって重要です。

 

商品が売れてない人は

「知ってもらえればうちの商品はいいものなのに」

これじゃ何も始まりません。

 

恋愛も一緒です。

 

知ってもらえなければダメなんです。

 

知ってもらい

自分に興味を持ってもらい

信じてもらって

告白が成功するんです。

 

ですが、ルックスがいい人は、一気にNot  believeまでこえさせます。

たまにNot   Actをこえて告白してしまう人も。。。

いくら悲願でもこれは何も変わりませんね(笑)

 

なのでまずは、知ってもらうことに全力を注ぎましょう。

このことはビジネス以外にも通用するので活かしてみて下さい!

 

 

ではこれで終わります。

 

 

 

無料でAmazonの書籍が読めます。





こんにちは、マッツです!!


今、期間限定で

「時間」「会社」「場所」

あらゆる依存から解放され
僕が18歳にして112万円を稼ぎ出して
独立できた物語が描かれた書籍が
無料で受け取ることが出来ます。







それと感想でも多く貰いますが、

スラスラ読めて10分ほどで読み終わることができるので

ぜひ通勤時間などに読んでみて下さい。



また感想をくれた人には、 僕が以前9800円で販売していた 4時間半のWebセミナーの特典があるので ぜひ感想もぜひ送ってください!

書籍を受け取る    
 

POSTED COMMENT

  1. かーくん より:

    4つのnot
    ・Not Open 知らない/名前分からない
     →まず知ってもらう 広告、SNS

    ・Not read 興味がない
     →気になる存在になる

    ・Not believe 信じられない
     →安心感を与える

    ・Not act 買ってもらえない
     →実際に動いてもらえるような施策

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です