偉人紹介

マッツの受験生時代と9カ月間通っていた塾をやめた話

こんにちは、マッツです。

 

僕は今、現役高校生で前までは

早稲田志望の受験生だったんですが、

ビジネスに出会ってからは大学受験はしないと決め、

今はビジネスの勉強を月収100万以上を稼ぐ人のものでしています。

 

その決意から3週間ほど経ちましが、

まだ今まで通っていた塾をやめていなかったんです。

 

ですがちょうど1時間前にその塾をやめてきました。

 

なので今回は

僕の受験生時代の話や塾をやめたことで

気づいたことや感想を話していこうと思います。

 

では、まずは受験生時代の話からしていきますね。

 

 


 

 

知識だけ頭の中にいれて何も身につかない3カ月間

 

 

僕は2017年の11月から2018年の7月までの

9カ月間受験勉強をやっていたんですが、

最初の半年間が1番辛かったですね。

 

何も知識がつかないままただ知識を入れ続け

復習の仕方も間違っていたので

勉強時間だけが多くなっていきました。

 

何も大学受験について知らなかった僕は

中学と同じように塾に入ればなんとかなると思っていたので、

とりあえず自分のやりたいようにできる映像授業のある塾に入ったんんです。

 

そして、

塾に入って最初の模試を受けた結果は、

高校1,2年をなにもしていなかったので、

少し勉強をしていた英語だけは偏差値50、

他の日本史と国語は45程度で、

悪いっちゃ悪いけどこれからやればいけるっしょと思っていました。

 

だから、そんな気持ちだったので

3カ月ほどはスイッチが入らないで

適当に映像授業をを1日1つ見る日々。

 

友達がまだ塾に入っていなかったし、

部活もやっていたからみんな表では勉強してない風でしたが

本当は裏でやっていたことをつい最近知りました。

 

しかしそのことを当時の僕は知らなかったので

 

「塾で勉強してる俺えらいな~」

 

とか思いながらやるはずもない単語帳をもって

俺メッチャ勉強してます!ってアピールだけしてました。

 

いやあ。本当に痛いやつです。

 

確かに、授業見たり問題解いてたりしていたので、

勉強の時間は3時間とかやっていて

前まで何もしてなかった僕からしたら

かなりの進歩です。

 

だけどあの頃は復習をしてなかったので、

ただ塾にお金を払い続ける良いお客さんでしたね。(笑)

 

そんな塾に行って映像を眺める生活を3ヵ月して

ようやく僕の勉強の管理をしてくれる塾のアドバイザーさんに

 

「復習してる?」

 

と言われ、

「たしかにやってない!」と思い、

そこで初めて今までやっていたことを振り返り始めました。

 

そしたらわからないことばっかで焦りましたね。

 

ビジネスの勉強でもそうなんですが、

知識を入れることばっかして

全然自分のものになってないことが多いです。

 

だから動画とか見て

 

「あ~なるほど。面白かった!」

 

で終わるんじゃなくて

自分で1度その動画について説明してみることが

大事なんです。

 

そしたら、

言おうとしてることが頭ではわかってるけど

うまく喋れないと思うんです。

 

だけど、それが普通の人であって、できてしまったら

かなりの記憶能力と覚えた知識を自分の言葉で説明できる言語化能力が

人より高いということなので、自信を持ってください。

 

じゃあそうじゃない人は

どうやって喋れるようにするかというと

 

練習ですね。

慣れるしかないです。

 

ひたすら知識を入れて喋る。

これを繰り返すしかないんですよね。

 

だけど、

これをやり続けているとめちゃめちゃ知識がつくので、

ぜひ試してみて下さい!

 

復習してるのに成績が上がらない

 

 

やっと復習の大切さに気付いた僕は、

そこから2カ月間ひたすら映像授業を見て

知ったことの復習をするっていう生活をしていました。

 

そして、模試です。

 

僕は自信満々で

「まあ、英語は頑張ったから

偏差値60は超えたっしょ」

って思ってました。

 

英語をかなり重点的にやっていたので

他のは取れなくても英語は超える自信がありましたね。

 

しかし、結果を見てみたら。

「英語、日本史、国語、全て偏差値50。」

 

頭の中が?????でいっぱいでした。

 

勉強時間も6時間くらいしてたし、

復習も多めにやっていたのに何故か点数が上がらない。

「もうどうしたらいいんだ~~~~。。」

って感じになってしまい、

やる気がなくなって何も手がつかなかったです。

 

前のように映像を眺めるだけ。

 

やる気がないから頭にも入ってこない。

 

人間の脳は目的意識がないと記憶をしないので、

やる気や興味がないと脳が覚えることを拒否するんです。

 

でも。もしもそういった興味がないことも覚えてしまうと

人間の脳はパンクして動かなくなるので、

忘れたり、必要のないことを覚えないという機能がないとだめなんですよね。

 

なので、やる気がない時はやらないで

1度休憩したり、違うところでやってみたりすると

作業の効率が上がりますので

気分転換や環境を変えたりするのは大事です。

 

話を戻しますね。

 

でもなんで、復習をしたのに成績が上がらなかったというと

理由は簡単でした。

 

復習の時に先ほど言った喋るということをしていなかったんです。

ただ今までのを見返すだけだったんですね。

 

だから、なかなか記憶が定着せず、

今まで習った知識が自分のものにできてなかったんです。

 

だけど、

模試で成績が上がらなかったことがきっかけで

youtubeで勉強法を調べ始めました。

 

「俺の何がいけないんだ~~」と思い

もうこれは俺の頭が悪いことを認めて

勉強法を変えるしかないと思ったんですよね。

 

それで、たまたま見た動画の中で

喋ることが大事だと知ったんです。

 

あの動画を見なかったら僕は

ずっと成績は上がらなかったですね。

喋りまくり×成績上がりまくり

 

 

喋ることを知った時は最初、

「そんなんで本当に覚えられるのかよ」

と思っていたんです。

 

だけど、もうなんでもいいから頭が良くなりたかったので

試しにやってみたんですよね。

 

そしたら喋れば喋るほど、

どんどん知識が定着していったんです。

 

そこで僕が特にやっていたのは

友達に教えたり、自分の部屋の中で1人で授業をしていました。

 

この2つは最強です。

 

友達に教えるときに少しでも間違った情報を言えないから

1人で何回も授業をするので、

めちゃめちゃ知識が付きます。

 

もし、間違えたことを言ったらそことは記憶にすごい残るので

より忘れにくくなるんです。

 

なので、この方法はかなりオススメですね。

 

当時の僕はよく日本史の漢字の読みを間違えて読んでいたり、

英語の発音を間違えて覚えていたので、

よくなおされていました(笑)

 

そして、

知識を入れて喋ってを繰り返していたら

ついに模試がやってきました。

 

ここで結果が出なかったら、俺には受験は無理だ。

と心に誓い模試を受けました。

 

かなり手ごたえもあり、自信がありましたね。

 

そして恐る恐る結果を見たら

 

英語65日本史58国語63でした。

 

この結果を見たときは本当に泣きそうでしたね。

言葉が出なかったです。

 

「それくらい普通でしょ。」

 

と思う方もいるかもしれませんが

ここ8カ月くらいずっと成績が上がらなかった僕としては

メッチャうれしかったんです。

 

家に帰ってから母に「やったよ!」

って言って二人で大盛り上がりしていましたね。

 

というのも僕の家にはお金がなかったので、

僕の大嫌いなおじいちゃんにお金を出してもらって

なんとか塾に通っていたので

母にもかなり迷惑をかけていました。

 

僕がおじいちゃんを大嫌いな理由はこの記事にのってます。

ここから読めます。

 

 

なので、大学に受かってもないですが、

受かったくらいうれしかったです。

 

それで、

もうそこからは成績が上がりまくり

僕が最後に受けた模試は最初に言ったように

英語73国語と日本史60前後まで上がりました。

 

この国語と日本史が60前後というのは

英語の73がうれしすぎて模試の結果の紙をどこかに無くしてしまい、

どちらも60くらいだったので60前後と表現しています。

 

そこから僕は夏休みに入ってから第2志望だった明治大学の過去問を解いて

最低合格点も取っていたので

自分で言うのも変ですが、

現役の受験生としてはかなりいい調子でしたね。

 

だけど、夏休みの中盤である8月の最初に

喋ることの大切さを教えてくれた方の勉強以外の動画を見ていたら

ネットビジネスの可能性に気づき、

大学へ行く意味がないことが分かってしまったんです。

 

ネットビジネスに行く時はもちろんいろいろ悩みました。

 

「大学行かなくても大丈夫なのか。」

「大学行ってから始めればいいじゃないか。」

「もしこのビジネスが失敗したら。。」

 

こんなことを考えていました。

僕がやったことはたしかに正しい選択だと今では思いますが、

あの時はビジネスの知識がなかったので、

本当に怖かったです。

 

 

しかし結果的に僕は

今までの9カ月間の大学受験の勉強を捨てました。

 

そして現在は月収100万の不労所得を得るために

ひたすらマーケティングの本を読んだりして

ビジネスについて勉強をしまくっています。

 

 

そして、今日、今まで通っていた塾をやめてきました。

 

その時に先生になんでやめるのかを聞かれたので

「起業します!」

って言ったら

 

まあ思っていた通り

「そんなに世の中甘くないけど、

まあ君が決めたことだから好きにするといいんじゃない」

と言われました。

 

少しは心配してくれると思ったのですが、

「やっぱビジネスなんだなぁ」

とか思いながら、

先生と母の塾をやめる手続きの話を聞いていました。

 

それを聞いていたらその日で僕が1番驚いたことが起きたんです。

 

100万円を僕は塾に払っていたのですが、

返ってきたのが4万円程度。

 

高校三年生の間の全部の金額だったのと、

5分の1程度は映像授業が残っていたので

もう少し返ってくると思ったのですが、

まさかの払ったお金の20分の1しか返ってこなかったので、

マジでびっくりしました。

 

僕みたいな途中でやめる人にはお金をあまり返さない仕組みになっているんですよね。

 

僕の塾は映像授業で教える人のお金もかからないし、

教え方や親との会話がマニュアル通りって感じで

アルバイトの人もかなり教育されていました。

 

しかも最初は無料の体験があったので、

そこから入ってもらえさえすれば夏期講習や冬期講習とかで

どんどんお金を払わせていくから

最終的に無料で受けさせた分のお金を回収できるんです。

だからいくらでも無料で受けさせられるんですよね。

 

その夏期講習とかをとった方がいいよって言われたほとんどの受験生は

言われた映像授業を受けないと大学に受からないと思ってしまうから

お金を払うことに抵抗がないんです。

 

そして、

途中でやめたら最初に全部必要なお金を払ってしまっているから

お金は返ってくるけどほとんど返ってこないっていう

すげえビジネスモデルだなと感激してました(笑)

 

まさかこんな身近に素晴らしいビジネスモデルをあったとは、

思いもしなかったですね。

 

僕は将来的に会社のコンサルティングや

経営をしていきたいと思っているので

すごい勉強になりました。

 

僕はまだまだ勉強が足りていないので、

これからもっと勉強をしていきます。

 

そのためにはいくらでもお金を払います。

 

そして、マーケティングなどビジネスについてもそうですが、

日本の歴史など幅広く勉強して10代のうちに

年収1億を本気で稼いでやろうと思いますね。

 

だけど、それをバカにしてくるやつらも絶対いると思うんです。

というか、ネットビジネスをするのをバカにされましたね(笑)

 

「お前には無理だ。」

「人生そんなに甘くない」

 

そんなことを言われ続けましたが、

それを言ってきたやつらは

僕にそんなことを言えなくなっていきます。

 

なぜかというと、

僕にできそうな雰囲気がでてきたら

そいつらは心の中で「あいつなら本当にやりそうだ」と思って

バカにできなくなるんですよね。

 

なので、僕はバカにされても気にしませんし、

逆に僕が10代で年収1億超えたらどんな顔をするのか

楽しみです。

 

少し悪趣味でしたね(笑)

 

だけど、そうやって人に宣言することで自分を追い込み、

やるしかない状態にすることは大事です。

 

人に言うと後に引けなくなって宣言したことを叶えるまで

やり続けるんです。

 

だから、僕は自分を追い込むためにも宣言をしますし

それを本当に叶えます。

 

2年後には年収1億は超えてやりますね。

 

今回はこれで終わりたいと思います。

長いのに読んで下さりありがとうございました。

 

無料でAmazonの書籍が読めます。





こんにちは、マッツです!!


今、期間限定で

「時間」「会社」「場所」

あらゆる依存から解放され
僕が18歳にして112万円を稼ぎ出して
独立できた物語が描かれた書籍が
無料で受け取ることが出来ます。







それと感想でも多く貰いますが、

スラスラ読めて10分ほどで読み終わることができるので

ぜひ通勤時間などに読んでみて下さい。



また感想をくれた人には、 僕が以前9800円で販売していた 4時間半のWebセミナーの特典があるので ぜひ感想もぜひ送ってください!

書籍を受け取る    
 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です