書評

【書評】 この時代に投資家になるということ

こんにちは、マッツです。

 

今日は著者、正田 圭さんの「この時代に投資家になるということ」を書評していきます。

 

今回の本の分野はマーケティングではなく、

投資といった分野で、いつもとは違ったものを買ってみました。

 

なぜ投資の分野の本を買ったかというと、

著者である正田圭さんが15歳で起業をしたという経歴が僕と似ていて、

 

学生のうちに起業をした人が書いた本を読んでみたくて買ってみました。

 

それと、僕はこの本から

現代の投資がどんなものなのか。

どういった投資の種類があるのか。

についてわかれば、

将来的には投資もしようと思っているので、

その役に立つと思ったのも買った理由の一つです。

 

書評をする前に著者である正田圭さんついて少し話しておきますね。

 

正田圭さんは15歳で起業をしました。

そして、

現在は企業がお金を集める際の戦略を教える会社である「TIGALA株式会社」を設立し、そこの社長に就任。

この本の他にも「サクッと起業してサクッと売却する」

「15歳で起業した僕が社長になって学んだこと」など、

数多くの本の著者でもあります。

 

そんな方が書いた本だと認識して書評を読んでいただけたらと思います。

 

では、書評をしていきますね。

 


 

この本を1言で表すなら

「これからは投資家にならないと食べていけない。」

 

言い換えると、

「これからは労働者がやっていたことをロボットやツールなどがやってくれるようになるから労働者が必要なくなっていく。

 

そうなると、

自分のお金を投資して起業するか、

自分じゃない誰かの会社にお金を投資をするかなど、

投資をすることでお金を稼ぐ方法が増えていくので、

必然的に投資家が増えていくだろう。」

 

ということを正田圭さんは言っています。

 

だけど、このことがわからずにまだ労働をすればお金を永遠に稼げると思って、

大学を卒業し就職する人がほとんどだと思います。

 

なぜ労働をするのをやめられないのか。

 

このことを本の中では

「労働は麻薬だ」

 

と表現しています。

 

これは労働はある一定の決まった仕事量があり、

その仕事をやればお金がもらえるので、何も考えなくていいんです。

 

たしかに、その仕事をするうえで考えることはあると思いますが、

その仕事を生み出すのには考える必要はないですよね。

 

これはどこの会社もほとんどそうですし

何も考えないでお金をもらえることほど楽なものはありませんよね。

 

だからみんな起業なんかしないで楽な就職していくんです。

そのことを麻薬だと表現したんだと僕は思いました。

 

何かに投資をすることは考えないでやれば確実に失敗します。

しかしそのことを避け続けてお金を稼げた時代が終わりを迎えようとしていると

正田圭さんは言っていますし、僕もそれは思います。

 

なので僕は、

これから来るであろう労働者が食べれなくなる時代のために

借金をしてまで自分に投資をしました。

 

僕も小学生のころはお医者さんや弁護士になってお金持ちになるのが

1番安定することだと思っていましたが、

医者も弁護士も今は人数がすごく、

なってもお金を稼ぐのはかなり難しくなっているんです。

 

それだったら、マーケティングを学んでお金を稼ぐ方法を知った方がいいし、

もし、法律や医療について知りたくなったらそのことをブログに書いて稼ぐ方がいいと今は思います。

 

これはマーケティングを学んだからわかったことだと

この本を読んでいて思いました。

 

マーケティングというのを僕は投資とは全く違うものだと考えていたんですが、

今僕のやっている企業のマーケティング分析などができれば、

 

どの事業が成功しやすいか。

どんなことをしている企業は儲かりやすいのか。

 

が分かるので、投資の時に重要だとこの本で書かれていた

「物事を斜めに見る」というのができるようになるんですよね。

 

なので、

マーケティングは色々なものに応用が効くことが

この本を読んだことでわかりました。

 

マーケティングを学ぶと

今まで見ていた視点とは違った視点で物事を見れるので、

世界が変わります。

 

なので興味があれば、

僕のブログやメルマガに詳しく書いてあるので

ぜひ読んでみて下さい。

 

投資とは。

 

僕は正直、投資のことについて少しでも知れればいいやと思ってこの本を買いました。

 

だけど、この本ではみんなが思っているような

投資は博打(ばくち)だ!

投資はお金がないとできない!

投資って難しそう。

こんかイメージを壊してくれます。

 

僕も本を読むまで投資はかなり博打だと思っていましたが、

実はそんなことなくて、本の中でと入りあげられていた

「秘密の法則」というものを

投資で稼いでる人は持っているそうです。

 

これを使って、著者である正田圭さんは

2018年の株式投資で14戦中13勝という負け知らずの結果を出したと書かれていて

かなりすごいですよね。

 

しかし、

この「秘密の法則」はそれなりの努力をしないと見つけられないので、

この本を読んだからといってすぐに投資で稼げるようになるわけではないです。

 

そこのところはわかっておいて下さい。

 

でも、投資のイメージは良い意味で壊されて

僕はかなり面白かったですね。

 

 

まとめ

 

 

今回は「この時代に投資家になるということ」という本を書評していきました。

 

僕は正田圭という方がどうして起業をしたのかというところも載っていて

今までと違って人に興味を持って買ったのでとても面白かったです。

 

「投資」に関しては知らないところが多かったので

単語を調べながらで少し読むのに疲れましたが、

彼の投資をするやり方が載っていたり、

投資をするうえで必要なことが載っていたりと投資に関して理解がかなり深まりました。

 

なのでこの本は投資が何かわからない人は読むべきだと思います。

だけど、今の投資について説明できる人は読んでも価格以上のものは得られないのでないか。と思いました。

 

この本は投資とは何か。がわかるので、

そのことを知りたい人はぜひ読んでみて下さい!

購入はこちらから。

これで書評を終わります。

ありがとうございました。

 

 

 

 

無料でAmazonの書籍が読めます。





こんにちは、マッツです!!


今、期間限定で

「時間」「会社」「場所」

あらゆる依存から解放され
僕が18歳にして112万円を稼ぎ出して
独立できた物語が描かれた書籍が
無料で受け取ることが出来ます。







それと感想でも多く貰いますが、

スラスラ読めて10分ほどで読み終わることができるので

ぜひ通勤時間などに読んでみて下さい。



また感想をくれた人には、 僕が以前9800円で販売していた 4時間半のWebセミナーの特典があるので ぜひ感想もぜひ送ってください!

書籍を受け取る    
 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です